【羅生門ステークス2019予想】本命サヴィ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、羅生門ステークスの予想を。イシュトヴァーン、ヴァーガ、ケイマ、サヴィ、メイショウコゴミ、レイダーなどが出走するダート1400mの1600万クラスのレース。

まずは本題の前に中山メイン、フェアリーステークスの本命馬をこちらであげておきます。

フェアリーステークス

人気ブログランキングへ

訳あってこちらの予想は更新しない可能性があるので、現時点での本命馬を公開しておきます。前走は相手が悪かっただけで、この馬もそれなりに強い競馬をした。想像以上に人気もないので、鞍上強化となるここは狙い目では。

週末の重賞に関する記事はこちらから。

【日経新春杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【フェアリーステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【京成杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

羅生門ステークス

本命はサヴィ

考えれば考えるほどどこからでも入れそうなメンバー構成ではあるが、500万、1000万クラスを危なげなく連勝した内容は勿論、京都、更に1400m戦がベストのこの馬をベタに本命に。先行して押し切ったここ2走が着差以上に強いと感じる内容で、重馬場適性が高いのは間違いないが、この距離であればそう簡単に垂れるような事はないだろう。

鞍上藤岡佑介とのコンビではこの距離は3戦3勝に加え、ストリートセンス産駒自体がダート1400mの成績が良く、京都コースとの相性も抜群なので、ここはらしくないが教科書通りに本命を打つ。

対抗はビックリシタナモー

後方からレースを進めるようになって以降、芝ダート問わずほぼ毎回上り3位以内の脚を使って追い込んでくる馬ではあるが、前走のフェアウェルステークスでは極端な前残りの展開に泣いてしまい本来の脚が使えず大敗。これまでのレースをみるとどちらかと言えば1400m戦の方が向いている印象を受けるので、結果論ではあるが1200mという距離も少なからず影響したようにも思える。

今回は叩き2走目に加えて距離延長と最低限の買い材料は揃っており、気になるポイントをあげるとすれば左回りに良績が偏っている点となるか。おそらく右回りに関しては問題はないと思うが、坂のあるコースがベストと思われるだけに、人気落ちのここは狙いたい気持ちはあったが、適性の分だけ評価を落として印を打つ事となった。

▲にヴォーガ

前走のアクアラインステークスは可もなく不可もなくといった感じの結果ではあったが、こちらも1400mへの距離延長でパフォーマンスを上げてきそうな点と、先行力を加味して3番手に。500万クラスではあるが、4走前の1400mがなかなか強いと感じる内容で、これといって何かに特化したようなタイプではないのでスパッと勝ち切るイメージはあまり沸いてこないが、大崩れなく安定した成績を残してきそう。

☆に人気ブログランキングへ

距離短縮で厚い印を打ちたかったが、実績のある1400m戦ならこの馬も上位と言える存在で、ビックリシタナモーが不発の展開であれば本命馬や▲馬とセットで馬券になる可能性は高い。仮にここでダメならダート1200m戦で狙いたい1頭なので、個人的には今回は負けてもらって次走以降に人気落ちで買いたい。

◎サヴィ
〇ビックリシタナモー
▲ヴォーガ
人気ブログランキングへ
△メイショウコゴミ
△レイダー
△ケイマ

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第66回 日経新春杯(G2)

万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬場のハンデ重賞ということで一線級の参戦は稀だが、17年1着ミッキーロケット、16年2着シュヴァルグランらが後にGI馬となり、好走馬の中から活躍馬を多数輩出。いまや出世レースの1つとなりつつある。

ハンデ重賞ゆえに各馬の斤量がポイントとなるが、それに伴う陣営の思惑が馬券的中のカギを握ることも忘れてはいけない。賞金の高いG2ということもあり「今のままではGIを使うには賞金が心もとない。だから早い内に稼いでおきたい」と勝負懸かりの陣営もいれば「この距離だとあまり適鞍がないし、軽い斤量で出られるから」と力試しで臨む陣営「今年はこの馬に期待しているんだ」と、未来のGI馬候補となる逸材を送り出す陣営など、レースを巡る思惑は様々。無論、こうした陣営の本音が公になることはホボ無いと言っていい。

ハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、今でも史上最強馬との呼び声が根強いマルゼンスキーの中野渡清一元調教師、伝説の名馬・サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師ら、競馬界の大物OBが在籍するシンクタンクの情報ルートたちは、騎手、厩舎、馬主、生産者、エージェントなど、あらゆる競馬関係者にパイプを持ち、親密な信頼関係を構築している。こうした大物たちが関係者から入手する”陣営の本音”が、馬券攻略において大きな武器になることは言うまでもないだろう。

今週は、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、元調教師率いる重賞特捜部がお届けする【日経新春杯・お年玉馬券】を特別無料公開。その他にも、馬券に役立つ情報を数多く無料でお届けさせて頂く。”本物の情報”を知らずに馬券を買っているのであれば、是非ともこの機会をキッカケにしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第66回 日経新春杯(G2)

万馬券を狙える≪お年玉馬券≫
を無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク