【シリウスステークス2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、シリウスステークスに出走を予定しているオメガパフューム、カゼノコ、クインズサターン、グレイトパール、サンライズソア、ヒラボクターシュ、ミキノトランペット、ヨシオの最終追い切りに関する記事を。

スプリンターズステークスの最終追い切りに関する記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

シリウスステークス最終追い切り

オメガパフューム

自分のリズムでリラックスして走れているが、脚捌きが悪い意味で軽すぎる印象で、力強さに大きく欠ける動き。ただ、仕掛けられた時の反応は良く、スピードに乗ると一気に調教パートナーを突き放した。やはりというかスピード寄りに出た馬なので今回の距離でどうかという感じも。動きだけで言えば悪くはないが、どちらかと言えば短距離よりの走り。

カゼノコ

フォームは乱れないが手応え、そして追われた時の反応が悪すぎる。一応この馬なりには動けているのかもしれないが、ちょっとピークは過ぎた感も。脚捌きは軽く回転も速いので力は出せそうではあるが…。

クインズサターン

頭の位置は安定しており、フォームも美しい。頸と脚のリズムも良く、自分のペースで動いてはいるが、それ以上にしっかりと走れている。可動域も十分で、馬体にも柔らかみがあり、最後は弾むように駆けた。少しパワフルさに欠ける印象も、トモの張りなどをみても馬は出来ているのでまず力は出してくるだろう。巻き返しに期待したい。

グレイトパール

かなり動きは大きいが、その割には脚が上がらない。回転も遅く、スピード感に大きく欠けてしまう走り。ただ、もたもたした感じはしない。ゆったりと走りすぎている事が影響してか、フォームはあまり美しいとは言えず、マイペースすぎて力強さももう一つのように感じる。ピリっとした面が出てこなかったのは痛い。

サンライズソア

とにかく入りから動きが大きく、そして力強い。手応えはかなり楽ではあったが、それ以上に馬がしっかりと反応し、相手に楽々先着。乗ってからのスピードは勿論ではあるが、地面を捉える力も相当強く、追えば追う程伸びるというのはまさにこの事だろう。フォームの乱れ、馬体の張り、リズムとどこを取っても欠点が見当たらない。好調。

ヒラボクターシュ

軸のブレが目立ち、追われても大きく修正されず。脚も上がっておらず、可動域も少し狭く感じてしまう。脚の回転もやや遅く、とにかく俊敏さには大きく欠ける走り。フォームの乱れなどを考えると完成途上という感じもするが。

ミキノトランペット

頭が高く、馬体全体が硬く感じてしまう。可動域も少し狭く、脚も思ったほど上がってこない。ただ、力強さは十分感じられる走りといえ、追われた時の反応もそこそこ良く思えた。調教パートナーが走ってこなかったので比較は出来ないが、抜く時のスピードは水準以上と言える。

ヨシオ

フォームは美しく、リズムがしっかりと取れた走り。身体も使えた走りで、可動域も十分と言える。最後は脚がバラバラになってしまうが、それでもがむしゃらなりに走り切れた。脚捌きは終始軽く感じたので、いつもと同じ出来にはありそう。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここでは抜けて良く見えた。絶好調と言っていいだろう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第52回 スプリンターズS(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前哨戦のセントウルSを快勝した春のスプリント王・ファインニードルに、前人未到のスプリンターズS・3連覇を狙うレッドファルクス、前走で復活を果たしたセイウンコウセイなどのGI馬を筆頭に、今年のサマースプリントシリーズで活躍した面々が参戦。香港からはGI馬・ラッキーバブルズが来日し、今年も札幌で勝ち星を量産したJ.モレイラ騎手も再び短期免許を取得しナックビーナスに騎乗と、多士済々なメンバーが顔を揃え、秋のGIシリーズ開幕戦は、一層注目が集まる楽しみな1戦となった。

『春の実績馬VS夏の上がり馬』の構図に加えて、香港馬が参戦と、一介の競馬記者や一般ファンにとっては、メンバー間の能力比較に悩まされることになることも事実。特に香港馬・ラッキーバブルズは、世間的には”得体が知れない存在”という扱いを受けるだろうが、当社シンクタンクは春のGI・宝塚記念で、10番人気だった香港馬ワーザーから【馬連9200円的中】をお伝えしているように、海外競馬事情にも通じる情報ルートが在籍しており、外国馬であっても的確な評価を下すことができる。世間が“難解”や“混戦”と思うレースほど、我々の情報力が存分に生きることになり、高配当的中も狙いやすくなるのだ。

そして、中山芝1200mは、コース形態や、当日の馬場状態、レース展開、枠の内外の有利不利が、着順に大きく影響する条件でもある。現在9年連続万馬券決着となっているのは、過去に内枠を引いて何もできずに終わってしまった人気馬がいることも一因。『GIしか買わない』というライトな競馬ファンが、枠順や当日の馬場状態を考えずに打たれた新聞の予想印を頼りに”危険な馬券”を買ってくれることも、高配当を演出する大きな材料となっている。

無論、当社シンクタンクは、直前まで関係者から生の情報を入手した上で、多角的にレースを分析。それらが融合されて最終結論を導き出しているからこそ、マスコミとは“精度”の違う情報をお届けすることが出来ている。そこで、今週は万馬券を狙えるスプリンターズSの【3連単馬券】の情報を、シンクタンクの情報力を体感されたことがない方だけに特別無料公開させて頂く。この絶好機を是非とも見逃さないで欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第52回 スプリンターズS(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク