【シルクロードステークス2019予想】本命ダノンスマッシュ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、シルクロードステークスの予想を。アンヴァル、セイウンコウセイ、ダイメイプリンセス、ダノンスマッシュ、ナインテイルズ、ラブカンプーなどが出走する芝1200mのG3レース。

今週末の重賞の最終追い切りに関する記事はこちらから。

【根岸ステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【シルクロードステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

シルクロードステークス

本命はダノンスマッシュ

1200mへ距離を短縮して以降、安定した成績を残している馬で、もともと気性面から距離短縮でと思っていた存在なだけに今の活躍は当然といえば当然か。

前走の京阪杯も着差通りの完勝で、あの内容からするとファインニードルが引退した今であればスプリント路線であればG1でも十分上位争いに加われるだけの存在。平坦コースも合っており、父ロードカナロアと同じく京阪杯、シルクロードステークスの連勝に期待が持てるだろう。ここは何も捻る事なくシンプルに印を打つ。

対抗は穴ティーハーフ

穴として期待した前走は後方から脚を伸ばしてしっかりと差を詰めてきたように、こちらも平坦コースであればまだまだやれるだけの馬。引き続きこの条件で競馬が出来る点は魅力で、今の京都の馬場を考えるとあっと驚く激走がみられる可能性も十分考えられる。ここも自分の競馬に徹底すれば結果はついてくる。

▲にラブカンプー

相変わらず追い切りでは全く動かないが、1200m以下であればコース、馬場関係なしに走ってくる馬なので、ここもそれなりの着順を拾ってくるとみる。休み明けでも問題なく走るタイプなので機械的ではあるがある程度の印は必要と判断した。

☆にアンヴァル

2着に敗れてしまった前走の淀短距離ステークスは最後は差されてしまったが、ハイペースをギリギリまで粘った内容は見所があった。2走前の京阪杯では内を通った馬が上位を占める中で、16番ゲートから直線では外を通ってナインテイルズ、ダイアナヘイローとタイム差なしの競馬に持ち込んでおり、こちらのレースも負けて強しという内容だった。

オパールステークスではモズスーパーフレアなどを相手に勝利しており、今の勢いであれば重賞でもそれなりに警戒が必要となるのでは。

◎ダノンスマッシュ
〇穴ティーハーフ
▲ラブカンプー
☆アンヴァル
△ナインテイルズ
△セイウンコウセイ
△ラインスピリット
△フミノムーン

穴対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第24回 シルクロードS(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この1点で好配当を狙う」と豪語!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のスプリント王決定戦となる高松宮記念の前哨戦の1つであり、これまでの勝ち馬の中には、ファインニードル、ストレイトガール、ロードカナロアといったGI馬たちも名を連ねている。しかし、過去10年は全て万馬券決着であり、3連複でも70倍以下の配当がない、波乱含みのレースなのだ。

その大きな要因となっているのが、このレースが『ハンデ戦』であること。実績馬たちは必然的に重い斤量を背負うことなり、なおかつ叩き台として出走するケースも少なくないため、陣営の思惑を知ることばできなければ、その取捨は非常に難しい。事実、1番人気が6連敗中と奮わず、世間一般の競馬ファン達が大いに頭を悩ませている表れと言っていいだろう。

さらに、某関係者は「ハンデ戦というのも理由にはなるが、実はこのレースは人気になりがちな○○が苦戦しているんだ。それは、この時期になると○○の○○○○○○○○が少なくなるから。この事実を知っている人間は、トレセンの中でも多くないと思うし、一般ファンならなおさらだろうね」とも語る。競馬はJRAが馬券代として集めたお金から約25%を引き、残りのお金を的中者で分配するゲーム。つまり、大勢が知らない情報で的中する事が勝利への近道であり、こうした大半の人間が気づかない事実がオイシイ馬券に直結するのだ。

競馬界の大物関係者が情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクには、誰もが気づかないような事実や、世間には出回らない関係者の本音・裏ネタなどが数多く入ってくる。必然的に、競馬新聞や一般マスコミが報じる情報よりも高配当を獲るための態勢が整っているということだ。今週はその情報力の一端を知ってもらうべく、シルクロードSの【◎-穴・1点馬券】を特別に無料公開させて頂く。このチャンスに、是非とも『本物の情報力』を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第24回 シルクロードS(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この1点で好配当を狙う」と豪語!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク