【スプリングステークス2019予想】本命ディキシーナイト

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜は緩くいきましたがダメな結果に。今日は昨日よりも買うつもりですので、1レースでも本線で当ててプラス収支で終えたいところ。

では本日は日曜の中山メイン、スプリングステークスの予想を。ファンタジスト、クリノガウディー、タガノディアマンテ、エメラルファイト、シークレットラン、ヒシイグアスなどが出走する芝1800mのG2レース。

まずは阪神メイン、阪神大賞典の本命を。

阪神大賞典

◎穴人気ブログランキングへ

当初は見送る予定でしたが、この人気なら少し買ってみたい。

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【スプリングステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【阪神大賞典予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

スプリングステークス

本命はディキシーナイト

前走はレース直前に色々とあり、予定していたきさらぎ賞を見送ってわざわざ条件が合わないクロッカスステークスを使う事となったが、鞍上のエスコートもあったにしろ先日のアネモネステークスを勝利したルガールカルムの追撃を楽に凌いできっちりと勝ち切った辺りは能力あってこそだろう。

敗れたジュニアカップは直線でスムーズに捌けず脚を余しての結果、きんもくせい特別は前半から鞍上の中途半端すぎる騎乗が仇となり、ちぐはぐな競馬がそのまま着順に繋がっての着順なので力負けではない事は確かで、更にこのきんもくせい特別は2着ダノンチェイサー(きさらぎ賞勝ち)、5着ハバナウインド(あすなろ賞勝ち)、7着アトミックフォース(フリージア賞勝ち)、8着ジャスティン(なずな賞勝ち)と上位に入線した馬以外にもその後に活躍している馬が多数いる非常にハイレベルな一戦での4着だった。

個人的に馬を見た感じではマイルがベストの馬と思うが、ジュニアカップ後のマーフィー曰く距離はもう少し延びた方がいいと言っていたので、2000mは厳しくても1800mであればギリギリ許容範囲。

エンジンのかかりが遅い点やホワイトマズルの血を引く馬らしく繊細な一面を持ち合せるなど色々と不安要素を抱えた馬ではあるが、中間の追い切りではアーモンドアイを煽る抜群の動きを見せており、早くから皐月賞を捨ててマイルカップに向けてのローテを組んでの出走とだけあって、ここは多少適性がズレていても恥ずかしい競馬にはならないとみる。

鞍上が新しい一面を引き出してきそうなコメントをしている点も非常に興味深い。

対抗は人気ブログランキングへ

現時点で皐月賞の穴馬して面白いと思っている一頭で(今回の結果次第では人気になるかもしれないが)、ここ2戦のいかにもという競馬からすると重賞実績がある馬が相手でも今回は好勝負に持ち込んでくる可能性は高そう。

何より初勝利時の内容が非常に優秀で、今年のクラシック路線は抜けた馬が存在しないだけに、弥生賞のメイショウテンゲンのようにこれから新たに有力馬が出てくる可能性も十分考えられるだろう。

コース、距離、脚質、血統とどこを取っても割り引く材料は見当たらない。

▲にロジャーバローズ

派手さがないのでこれといって強さも感じられないが、アドマイヤジャスタやアドマイヤユラナスの能力を物差しにして考えると、今回の相手でも上位に入線出来る力はあるのでは。大きな癖がある馬ではないので、初となる中山コースも向きそうな印象を受ける。

☆にタガノディアマンテ

きさらぎ賞は馬場が味方した感はあるが、最後方、大外ぶん回しで2着まで追い上げた内容には非常に見どころがあった。特殊な馬場での競馬だった事もあるのであまりアテには出来ないかもしれないが、ヴァンドギャルド、メイショウテンゲン、アガラスといった馬を相手に楽々と先着しているので、案外ここでもやれる馬なのかもしれない。

◎ディキシーナイト
人気ブログランキングへ
▲ロジャーバローズ
☆タガノディアマンテ
△ユニコーンライオン
△コスモカレンドゥラ
△シークレットラン
△リーガルメイン
△クリノガウディー
△ゲバラ

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 スプリングS(G2)

先着100名様限定!
好配当を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年もスプリングSの2着馬・エポカドーロが皐月賞を制したように、本番へ向けた重要なトライアルでもあるが、1着馬ステルヴィオが後にマイルCSを制したように、1800mという距離も相まって、後にマイル路線を歩む馬が、今後の路線を見定めるために出走してくるケースも珍しくない。

また、3着までに優先出走権が与えられるトライアルということもあり「何としても権利を取りたい」「本番じゃ勝ち負けにならないからココが勝負」という陣営もおり、賞金を持っている”叩き台”の陣営とは、まるで勝負度合いが違う。このような陣営の本音をマスコミが掲載することはホボなく、世間には当たり障りのない建前ばかりしか出回らなくなってしまう。

しかも、今年は共同通信杯で2歳王者・アドマイヤマーズが敗れ、ホープフルSで2着だったアドマイヤジャスタがすみれSで完敗。同3着ニシノデイジーも弥生賞で4着と、皐月賞直行を決めているサートゥルナーリアを除くGI好走馬のほとんどが年明け緒戦を落とす結果となり、牡馬クラシック路線は俄に混戦ムードが漂ってきている。例年以上に2歳時の成績がアテにならない状況となっている。

当社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった名馬にも関わった元騎手・元調教師が『情報ルート』として在籍。現役関係者から『真の情報』を入手し、本当の勝負度合いを知ることができるだけでなく、プロの目で各馬の力関係も的確に回顧・分析しているからこそ、どの馬を“買うべき”かをズバリとジャッジすることができる。

事実、重賞・メインレースでは、100週以上連続で的中を継続してきた実績がある。今週は、そんなシンクタンクの情報力を体感してもらうべく【スプリングS・3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。馬券を買う前に、是非ともこの情報をご参考にして頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 スプリングS(G2)

先着100名様限定!
好配当を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク