【宝塚記念2020予想考察】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、宝塚記念に出走を予定しているアフリカンゴールド、スティッフェリオ、ダンビュライト、モズベッロ、レッドジェニアル、ワグネリアンの一週前追い切りに関する記事を。

なお、本日大井で行われる帝王賞の予想宝塚記念の有力馬の一週前追い切りに関する記事は既に更新済みです。

【帝王賞2020予想】

【宝塚記念有力馬一週前追い切り】

今週末は宝塚記念しか重賞がないので既にある程度予想はしていますが、今年はそれなりに荒れそうな感じも。

過去5年で見ても◎デニムアンドルビー、◎マリアライト、◎ワーザーと本命にした馬はそれなりに馬券になっているレースなので相性は悪くないと思いますが、年々爆発しなくなっている印象。

◎デニムアンドルビーの年は3連単までがっつりと届いたので帯でしたが、◎ワーザーの年はまさかまさかの取り逃しと泣くに泣けない年となりました。

今年もそれなりに狙っていく予定ではありますが、噛み合えばガッツリ3連単まで刺さりそうな感じがするので、後は枠順と馬場が理想通りなら…。

宝塚記念馬連1点勝負馬券

宝塚記念一週前追い切りその2

アフリカンゴールド

頭が高く頸を全く使えていない点は割り引きで、脚もとにもまだまだ硬さが残っている。追っても追っても反応が悪く、全く走りに集中出来ていない点も気になるポイントで、この父らしく気性面が表に出ているだけに当日まで内面をセーブ出来るかどうかもカギとなるのでは。

スティッフェリオ

少し馬体に余裕はあるが、トモや肩の張りは上々で脚捌きも軽い。追われてからの反応がイマイチだったのでその後の伸びもかなり微妙ではあったが、一応手応えにはまだまだ余裕が感じられたので、最終追い切りでの変わり身にはある程度期待が持てるのではないだろうか。

ダンビュライト

脚が流れる点や全体的に力強さに欠けるような走りとなっている点は割り引きも、脚の回転は速く、最後まで自分のリズムを守りながらキビキビと駆け抜けていった点には好感が持てた。ただ、良い頃の動きと比較するとかなり大人しくなっている印象なので、印を打つ際は多少の衰えも頭に入れておいた方がいいのでは。

モズベッロ

全体的な走りに力強さがあり、トモの張りと肩の筋肉量は申し分ない。ただ、重心がブレてしまう事で脚と頸を出すタイミングが全く合わないが、それでもしっかりとスピードに乗って最後まで走り切れていたので、ここに関しては多少の割り引きとしておきたい。

馬体や動きを見ると馬が本格化しているのは間違いないだけに、後は最終追い切りで細かい動きが改善されていれば態勢は整うだろう。

レッドジェニアル

少し馬体は寂しく感じるが、決してギリギリという訳ではないので、このひと追いで張りが出ればまた見た目も変わってきそう。

強く負荷をかけられた事で馬もしっかりと反応しており、最後は身体を大きく使いながら力強く伸びて併入と、一週前でやれるだけの事はやったという内容となっているので、最終追い切りでは軽く反応を確かめる程度で仕上がるのでは。

ワグネリアン

前半からスイッチが入ってる事で全体的に活気のある動きとなっているが、可動域が狭く脚捌きに力強さは感じられない。ただ、スピードにも乗れていてフォームのブレも一切感じられない走りとなっているので、調子というよりもこの馬の走りの特徴のひとつなのかも。

最後に宝塚記念の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは絶好の狙い目。後は極端な枠を引きたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第61回 宝塚記念(G1)>

GI馬8頭出走のグランプリに
隠れ穴馬出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はファン投票1位のアーモンドアイが不在だが天皇賞春を連覇したフィエールマン、昨年の皐月賞馬サートゥルナーリア、大阪杯を制しGI3勝目を挙げたラッキーライラック、香港ヴァーズで初GI制覇を果たしたグローリーヴェイズ、昨年の秋華賞馬クロノジェネシス、18年ダービー馬ワグネリアン、18年有馬記念の覇者ブラストワンピース、17年菊花賞馬キセキなどのGI馬8頭がスタンバイ!豪華メンバーが揃う春のグランプリ!

過去10年、単勝1倍台の圧倒的人気だった3頭、17年キタサンブラック(単1.4[9]着)、16年ドゥラメンテ(単1.9[2]着)、15年ゴールドシップ(単1.9[15]着)も敗戦。1人気で優勝したのは12年オルフェーブル(1人気[1]着)、14年ゴールドシップ(1人気[1]着)6冠馬の2頭のみ。また、15年には1着ラブリーデイ(6人気)、2着デニムアンドルビー(10人気)、3着ショウナンパンンドラ(11人気)での決着となり3連単では52万8510円の大波乱となっている。

過去10年の世代別の成績では4~6歳馬から優勝馬が出ている。中でも6勝2着5回と11頭の連対馬が出ている5歳馬の活躍が目立つ。昨年のリスグラシュー(牝5)、一昨年ミッキーロケット(牡5)、17年サトノクラウン(牡5)、16年マリアライト(牝5)、15年ラブリーデイ(牡5)、14年ゴールドシップ(牡5)と6年連続で5歳馬が優勝している。7歳以上の高齢馬は馬券圏の好走は1頭のみと苦戦。

“夏は牝馬”の格言どおり牝馬の活躍が目立つ。優勝したのは昨年リスグラシュー、2016年のマリアライトの2頭のみだが、馬券圏の好走は過去10年で7頭が好走している。今年はラッキーライラック、クロノジェネシスのGI馬が出走するが馬券圏に好走することは出来るのか!?

18年は◎ワーザー(10番人気)から馬連9200円ズバリ的中!一撃で92万円獲得した春のグランプリレース!

今年はGI馬8頭が出走する豪華メンバーが揃うが、競馬セブンが極秘入手して関係者情報では「有力馬に不安情報」「人気の盲点となる人気薄確実な穴馬の激走情報」を独占入手済!波乱が多いグランプリレースだが、今年も波乱の立役者となる隠れ穴馬の存在が!週末情報は必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク