【東京大賞典2018予想】本命ケイティブレイブ

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日の中央は◎ヴァンドギャルドが直線で痛恨の不利。それなりに自信があっただけに残念ではありますが、どちらにしろ勝ち馬の頭の馬券は1円も持っていなかったので印通りでも大勝ちは出来ていなかったでしょう。

では本日は29日の大井メイン、東京大賞典の予想を。ケイティブレイブ、オメガパフューム、クリソライト、ゴールドドリーム、アポロケンタッキーなどが出走するダート2000mのG1レース。

いよいよ今年最後の競馬予想となりました。

3点勝負買い目を無料公開

東京大賞典

本命はケイティブレイブ

前走のチャンピオンズカップでは11着と久々に大敗してしまったが、これまで中央の左回りでは(0.1.1.6)と全く結果を出す事が出来ていない苦手な条件での競馬という事もあって言い訳の出来る敗戦。

2走前のJBCクラシックの内容を見ると中央のG1で足りないという事はまず考えられず、単純に条件が合うか合わないかの問題なので、ペースに泣いた平安ステークス以外は全く崩れた事のない右回り、大井(1.3.1.0)での競馬となる今回は当然巻き返しに期待が持てるだろう。

ライバル馬であるゴールドドリーム、オメガパフュームよりも前でレース運びが出来る点は大きな強みで、帝王賞の内容をみてもゴールドドリームとの力差はほぼ感じられず、更にこの馬はゲートに課題があるだけに人気で飛びつくのはやや危険なタイプ。

もう一頭の人気馬オメガパフュームには2走前のJBCクラシックで完勝しており、今回の舞台であれば単純に適性や能力で考えると本馬が最も軸としては相応しいのではないだろうか。

前走の敗戦で少し人気が落ち着きそうな点も魅力と言える。

対抗はオメガパフューム

とにかく今年のダート路線は3歳世代の活躍が目立っただけに、ルヴァンスレーヴがいないここは世代2.3番手の能力を持つこの馬が安定した走りを披露してくるか。

チャンピオンズカップは着差こそつけられたものの、最後は厳しい位置取りから猛追して5着まで追い上げており、上がりが速くなったのもこの馬には向かなかった。今回の実績のある大井での競馬ならまず勝ち負け争いに加わってくるだろう。

▲にゴールドドリーム

チャンピオンズカップを取り消した影響がなければメンバー的にも恥ずかしい競馬にはならない本馬が3番手。ただ、どちらかと言えばマイルがベストな事に加え、先程触れたようにゲートが安定したいタイプなので、人気を考えると軸にするのは少し勇気がいる。

☆に人気ブログランキングへ

今回の舞台と鞍上が非常に怖いこの馬までが本線。かなり成績にムラがあるが、とにかく前で競馬が出来ないと話にならないので、鞍上がある程度の位置を取りにいくなら久々の好走がみられても。内をみながらレース運びが出来る今回の枠もプラスになりそう。

◎ケイティブレイブ
〇オメガパフューム
▲ゴールドドリーム
人気ブログランキングへ
△クリソライト
△サウンドトゥルー

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

1年間当たらない予想にお付き合い頂きありがとうございました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第57回 京都金杯(G3)

好配当を狙い撃つ『お年玉馬券』を
特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

格付けを見ればG3の1つに過ぎないが、新年一発目の重賞ということもあって『一年の計は金杯にあり』と「馬券を的中させて好スタートを切りたい」という思いを持つ競馬ファンたちの注目度も高いレース。競馬関係者にとっても同様で、新年最初の重賞を勝てば1年のスタートダッシュを決めることができるだけに、金杯は一介の重賞競走には収まらない大きな意味を持つことになる。

また、厩舎サイドにとっては、金杯で勝つことが出来れば『新年早々、縁起がいい』と、馬主サイドに対する大きなアピールとなる。クラブ馬主が幅を利かせるようになった昨今とは言え、大スポンサーである個人馬主たちを接待するのが厩舎経営の基本であることは変わらない。厩舎サイドにとって、金杯を勝つことは、GIを勝つことに匹敵する意味を持つケースさえあるのだ。

無論、出走する全馬が勝負というわけではなく、まして馬主が絡む裏事情というのはほぼ表に出回ることのない。しかし、こうした裏事情が年末年始のレース結果に大きな影響を与えることになるのは必然。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二と言った、競馬界の大物OBを情報ルートとして擁するシンクタンクだからこそ、各方面から世間に出回らない馬券的中に直結する内部情報を会員の皆様にお届けすることが可能なのだ。

本来であれば、この手の情報の無料公開は難しいのだが、今回は新春特別企画として【京都金杯のお年玉情報】を特別に無料公開させて頂く。当社がお届けする年始のお年玉馬券は、18年も1月6日京都6Rから【14万9470円的中】17年も1月8日京都8Rから【10万7440円的中】と特大配当続出が恒例となっている。是非ともこのチャンスを活用し『お年玉』を掴んで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第57回 京都金杯(G3)

好配当を狙い撃つ『お年玉馬券』を
特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク