【東京盃2019予想】本命グランドボヌール

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は2日の大井メイン、東京盃の予想を。グランドボヌール、コパノキッキング、サクセスエナジー、ヒザクリゲなどが出走するダート1200mのJPN2レース。

昨日行われた白山大賞典は◎グリムデルマルーヴルで決着するもまたまたまたまた相手抜け。

配当を見ると(先週も含めて)無理に絞る必要もなかったと思ってしまいますが、買いたくない馬は人気があってもなくても1円も買わない主義なので、これに懲りる事なく今日も我を貫きます。

今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【京都大賞典2019】一週前追い切り・調教評価

【毎日王冠2019】一週前追い切り・調教評価

東京盃

本命はグランドボヌール

前走のサマーチャンピオンに続いての本命となるが、その前走が2着馬につけた着差こそ僅かだったものの、直線で早めに抜け出して押し切った内容が着差以上に強く、あの内容をみると血統や馬体を考えると本質は間違いなくダート馬と書いた事はまず疑いようがない事実と言えるだろう。

そもそも芝の中京記念でも先行馬が崩れる展開の中を2番手からしぶとく粘って勝ち馬から0.4秒差の競馬に持ち込んでおり、近走のレース内容をみても馬が完全に充実期に入っている印象を受けるので、引き続き本来の持ち場での競馬となれば再び勝ち負け争いに加わってくるのでは。

ただ、揉まれ弱いのでここで外枠を引き当てた事もプラスになるが、距離だけはもう1ハロンあった方がいいと思うので、今回は何かに足元をすくわれる事も頭に入れておいた方がよさそう。

対抗は人気ブログランキングへ

本命馬とは逆に今回の距離がプラスになりそうな本馬が逆転候補一番手になるか。前走も通ったコースを考えるとなかなか強い競馬をしており、勝ち切る事が出来ないであろう有力馬が数頭いる今回のレースであれば重賞のタイトルに手が届くチャンスと言えるのでは。後はある程度の位置を取ってレース運びが出来れば。

▲にコパノキッキング

この鞍上でなれけば重賞のタイトルが更に増えていた可能性は高いが、近走もレース内容自体は悪いものではないので、今回はそろそろがあってもよさそうなタイミング。更にこれまで相手にしてきた馬のレベルを考えると単純な能力だけの比較になれば本馬が少し抜けている印象を受けるので、まともに競馬が出来ればまず上位争いに加わってくるだろう。

☆にキャンドルグラス

中央馬相手にどこまでといった感じも、前走のアフター5スター賞ではキタサンミカヅキとタイム差なしの競馬に持ち込んでいるので、超がつく強力な馬が存在しない今回は2,3着ぐらいなら拾える可能性は十分あるとみる。コース適性の高さを活かして上位争いに食い込みたい。

◎グランドボヌール
人気ブログランキングへ
▲コパノキッキング
☆キャンドルグラス
△ニホンピロタイド
△ショコラブラン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては秋の天皇賞へ向けた西の重賞なステップレースであったが、古馬中長距離路線もより細分化されることになり、2400mという距離から、天皇賞よりもジャパンカップ、有馬記念、牝馬であればエリザベス女王杯を意識する陣営の参戦が大半を占めるようになった。

やはり別定戦のG2と言うべきか、万馬券的中となった去年はサトノダイヤモンドが制し、キタサンブラック(2016年)、ラブリーデイ(2015年)など、近年の勝ち馬にはGⅠ馬が名を連ねるように、決してレベルの低いレースではない。

だが、今年の出走予定馬の中にGI馬の名が見当たらず、例年よりも頭数が多く、フルゲートもあり得る様相。例年とは違ったレースになることも、頭に入れておく必要があるだろう。

無論、前哨戦である以上、GIに向けた叩き台に徹する陣営もいれば、「本番では足りないのでココで勝負!」と勝負をかけてくる陣営も存在する。しかし、マスコミや新聞に出す陣営のコメントは、本音ではなく建前であることがほとんど。誰の目にも触れることができるだけに、危険コメントを出してスポンサーである馬主に余計な不快感を与える必要もなければ、他陣営から勝負気配を悟られてむざむざマークをキツくする必要がないからだ。

そもそも、近年の馬の仕上げは外厩主導、マスコミでは取材の手が及ばぬ部分で、確かな馬の状態、陣営の本音など、裏付け取りができない、無論、シンクタンクは早くから外厩の存在に注目し、しっかりと情報を収集できる態勢を整えている。

そこで、今週は京都大賞典の関係者情報を【情報注目馬5選】とともに無料公開させていただく。今後のGI戦線を占う上でも重要な1戦、しっかりと情報には目を通しておいた方がいい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 京都大賞典(G2)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク