【東京湾カップ2020予想】本命エメリミット

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は6日の船橋メイン、東京湾カップの予想を。デスティネ、マンガン、サンスクリット、アマルインジャズなどが出走するダート1700mのS2レース。

なお、本日園田で行われる兵庫チャンピオンシップの予想に関しては既に更新済みです。

【兵庫チャンピオンシップ2020予想】

4日からの交流重賞は、

かきつばた記念予想結果

1着▲ラプタス
2着◎ノボバカラ
3着〇ドリームドルチェ

3連複 1,130円 3連単 3,010円

かしわ記念予想結果

1着〇ワイドファラオ
2着☆ケイティブレイブ
3着△サンライズノヴァ

安かったですがかきつばた記念は▲ラプタス◎ノボバカラ〇ドリームドルチェのド本線決着となり、3連単の重ね買いもほぼマックスまでぶっ刺さりました。

ここはやはり〇ドリームドルチェを対抗に持ってこれた事と、人気になっている中央馬を嫌えた事が全てだった気がしますと書き、昨日のかしわ記念でもアルクトスを無印、中穴のワイドファラオを対抗に持ってきたところまでは良かったですが…。

先日行われた羽田盃▲穴ファルコンウィングように基本的に上位評価している馬などがそれなりの人気薄の場合はその馬からの縦目を買うのが基本ですが、このかしわ記念に限っては単勝買わず、3連単も2,3着付けという一番やってはいけない買い方、失敗をしてしまい、当然払い戻しはゼロに。

今年の地方競馬はやたらと対抗、三番手などの人気薄馬が走りまくっているので、中央のように攻めの買い方で馬券を購入するのも悪くないのかもしれませんね。とりあえずここに関しては買い方、印の付け方を練ってみます。

兵庫チャンピオンシップ予想結果

1着◎バーナードループ
2着〇ダノンファラオ
3着▲サンデーミラージュ

3連単 1,080円

※3連単1点のド本線でぶっ刺したいと書いたように、今日の兵庫チャンピオンシップはドンズバでした。

では余談はこれぐらいにして本題の予想へ。ゴールデンウィークという事で大量の重賞が続きますが、最終日の今日も最高の形、大的中で締めくくれたらと思っております。

NHKマイル穴馬3頭

NHKマイルカップ(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

NHKマイル(G1)を無料で見る

東京湾カップ

本命はエメリミット

前走のクラウンカップでは▲穴マンガン、☆ストーミーデイとそれなりの人気の馬を上位評価していたものの、肝心の本命馬、エメリミットがまさかの4着と泣くに泣けない結果となってしまったが、あのレースが終わった直後からここを使うならもう一度本命に、と思っていたので、ここは初志貫徹の本命とする(今年の地方競馬はやたらと対抗、三番手などの人気薄馬が走りまくっているというのはこのクラウンカップにも言えた事でしたね…。やはり中央のように攻めるべきでしょうか)。

その前走のクラウンカップは最後の最後に決め手のある馬に差されてしまったが、初の川崎での競馬での競馬だったにもかかわらず、直線ド真ん中から脚を伸ばしてギリギリまで粘る見せ場たっぷりのレースをしていたので、得意の船橋での競馬となる今回は当然負けられないぐらいの存在と言えるだろう。

以前にも触れたように少頭数でもかなりハイレベルな一戦となった4走前のアジュディミツオーメモリアルの内容が素晴らしく、2着に下したウタマロ、そしてカプリフレイバーのその後の活躍を考えるとかなり中身の濃いレースといえ、更にそのウタマロが前走のクラウンカップを圧勝している事を考えると前走がこの馬本来の力ではない事は確か。

出来れば前走ぐらいの(連ベースを含めての)人気、条件で馬券圏内を確保して欲しかったというのが本音ではあるが、今回は明らかに相手関係にも恵まれた印象を受けるので、この組み合わせ、舞台設定であれば変に逆らう必要はないだろう。

対抗はデスティネ

枠はもう少し外が欲しかったが、今回は前々でレース運びをしたい馬がそれなりに揃っているので、ある程度流れる展開になれば最後はこの馬の決め手が活きる事になるだろう。前走も展開を考えると着差以上に強い競馬をしていたので、あの内容を見る限り多少相手が強くなっても力は十分足りるとみる。

▲にマンガン

当然絶好の狙い目は前走のクラウンカップという事になってしまうが、エメリミットを楽々交わして直線だけでウタマロに0.1秒差まで迫った内容は本物だと思うので、川崎と並んで得意としている船橋での競馬なら引き続き警戒が必要となる。

これまで敗れたレースも内容は決して悪いものではなかったので、展開さえ向けば今回の相手でもまとめて面倒を見れるだけの脚は持っているだろう。

☆穴にチョウライリン

近走は全く結果を出す事が出来てないが、噛み合った時の破壊力はメンバー屈指だと思っているので、ちょっとした変化、刺激があればどこかで一発穴をあけてきそうな存在。今回は最も手の合う鞍上が手綱を取る事になっているので、この乗り替わりが良い味変になれば大幅な変わり身があっても驚けない。

◎エメリミット
〇デスティネ
▲マンガン
☆穴チョウライリン
△サンクスリット
△アマルインジャズ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第25回 NHKマイルC(G1)>

レシステンシア・3戦無敗馬2頭を
脅かす隠れ穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気【5.0.0.5】、2人気【2.3.1.4】、3人気【1.1.1.7】と1人気が好成績も勝つか馬券圏外の成績となっている。平均配当では、馬連8270円、3連複5万9200円、3連単31万1340円と波乱傾向。

19年ケイデンスコール(14人気2着)、17年リエノテソーロ(13人気2着)、16年レインボーライン(12人気3着)、14年タガノブルグ(17人気2着)、キングズオブザサン(12人気3着)、13年マイネルホウオウ(10人気1着)、12年クラレント(15人気3着)など2桁人気が馬券圏に好走し波乱を演出している。馬連万馬券が4度、3連単では100万馬券を超える特大馬券が出ている。

ステップレース別では(過去10年)、ニュージーランドT組(4勝)、桜花賞組(2勝)、皐月賞組(2勝)・毎日杯組・アーリントンC組がそれぞれ1勝を挙げている。

今年は無傷で毎日杯を制したサトノインプレッサ(3戦無敗)、昨年の2歳女王で桜花賞2着レシステンシア、ニュージーランドTを制したルフトシュローム(3戦無敗)、朝日杯FS2着・アーリントンCを制したタイセイビジョンなど好メンバーが揃う。

昨年は◎アドマイヤマーズ(1着)から14番人気ケイデンスコール(2着)、7番人気カテドラル(3着)で決着し、馬連1万7200円・3連複9万7390円・3連単41万0680円の特大馬券をパーフェクト的中!

一昨年は13人気のリエノテソーロの激走情報を入手し馬連1万7290円、3連複5万0600円の万券ダブル的中をお届け!競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる人気薄の激走情報を独占入手済!今年も一撃で帯封獲得の大チャンス!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『NHKマイルC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク