【日本ダービー2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は東京メイン、日本ダービー(東京優駿)の予想を。皐月賞からは上位入線組のエポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノに加え、ワグネリアン、オウケンムーン、ジャンダルム、キタノコマンドール、ステルヴィオ、ダービートライアル青葉賞からゴーフォザサミット、エタリオウ、京都新聞杯からステイフーリッシュ、アドマイヤアルバ、そして無敗のダノンプレミアム、ブラストワンピースなどが出走予定。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第85回 日本ダービー(G1)■

競馬セブンでは社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を入手可能。公にはならない関係者情報は馬券に直結する裏ネタばかり。今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

日本ダービー

本命はゴーフォザサミット

3走前の共同通信杯では内枠と前で競馬をする馬が上位を占める中で、外枠、更に厳しい位置取りから3着馬のエイムアンドエンドと全く差のない4着まで追い上げる負けて強しの内容。

またまた外枠を引いてしまった2走前のスプリングステークスでも厳しい位置取りから直線大外を回して猛追し、結果7着とはいえ3着馬と差のない競馬に持ち込んでおり、更にこの2戦で少し追走に苦労していた事を考えれば距離不足も敗因の一つといえ、実際に距離延長となった前走の青葉賞であっさりと巻き返した点からするとまずこの見解は間違いではないだろう。

それを考えると引き続き同じコースで競馬が出来るのは大きな強みといえ、この産駒らしく広いコース向きな馬だけにここもフルに能力を発揮できるのでは。

この間隔で東京2400m戦を2度使う事は決して歓迎とはいえないが、まだ前走の出来を見てもここで上積みに期待が持てそうな点や、皐月賞を使っていない点には好感が持てるので、コース適性の高さや余力、そして鞍上の意欲を考慮しての本命とする。

ゴーフォザサミット馬体診断

対抗は人気ブログランキングへ

ローテには疑問が残ってしまうが、能力通りであればここも恥ずかしい競馬にはならないか。外寄りの枠を引けば嫌う事も考えていたが、まさかの好枠。ローテ意外でも色々と嫌う材料がある馬ではあるが、2,3着ぐらいには来てしまうような気もするだけに変に評価を落とすような事はしなかった。

▲穴にジャンダルム

前走の皐月賞は9着に敗れてしまったが、スタートが決まらず後方からレースを進めた事が最後まで響いた印象。更にスタート直後に馬場の良い外に出そうとするも、結局レース運びが出来るスペースが見つからず内に戻すロスもあった事も事実で、それでも最後の直線ではそれなりに脚を使って伸びており、もう少し前で競馬が出来ていれば見せ場以上の結果があっても良かったのではないだろうか。

結果前で競馬を進めた馬が上位を占める事となったが、追い込んで掲示板を確保した馬達は直線で馬場の良い外を通っている点は見逃せないポイントで、本馬はこの馬達よりも馬場の悪い内寄りのコースを走っていた事も最後の伸びに影響したと言える。

2走前の弥生賞では皐月賞で先着を許したワグネリアンとは0.1秒差の競馬をしており、この日もそのワグネリアンよりも馬場が荒れた内を通っての着順だった事を考えると力負けとは言えないだろう。

ホープフルステークスでも厳しい展開の中で早めに動く強気な競馬をして2着を確保し、京都新聞杯を勝つステイフーリッシュ、皐月賞2着のサンリヴァルに先着。

デイリー杯ではニュージーランドトロフィーの勝ち馬カツジ、NHKマイルカップの勝ち馬ケイアイノーテック相手に完勝しており、更にこの日はアッゼニが手綱を取って勝てたという事にも相当な価値がある。

仮にこの馬がNHKマイルカップを使っていれば好勝負になっていた事は言うまでもなく、その点を考えると相手が出揃うここでも能力が劣っているという事はまず考えられない。

この馬に関しては何度も言ってきたようにマイル前後が適性距離と思っているので今回の2400mという距離に関してはマイナスしかないが、ホープフルステークスや弥生賞、そして前走の皐月賞をみる感じでは東京の高速馬場であれば能力の高さで距離はカバー出来ると判断した。

馬体派の人間としては少し矛盾する印となってしまったが、デビュー前から馬体に惚れていた1頭であることは間違いないので、この考えは最後のダービーまで貫き通しての上位評価とする。

ジャンダルム馬体診断

☆穴にオウケンムーン

初戦は単勝68倍という人気薄での出走だったが、前残りの展開の中で直線ではただ1頭最後方、更にかなりの大外から豪快に脚を伸ばして追い上げてくる非常に強い内容での4着。続く未勝利戦ではまた初戦とは違った競馬となったが、直線は軽く仕掛けられただけで後は持ったまま後続を突き放して楽勝。

この2戦のレース内容から左回りの共同通信杯でもまず勝ち負けになると思い、当日はサトノソルタスの相手として印を打ったが、枠や馬場の恩恵があったにしても素質馬相手にしっかりと勝ち切った点はこの馬の能力の高さあってこそだと言える。

前走の皐月賞では見せ場なく惨敗しているが、終始馬場の悪い内を通ってレースを進められた事が敗因であって決して力負けではない。よって12着という着順は一切気にする必要はないだろう。

もともと共同通信杯を終えた時点から右回りの皐月賞よりも左回りのダービーでと思っていた馬なので、今回の東京コース替わりは大歓迎と言え、更に父オウケンブルースリが距離を延ばして強さを発揮していった馬なので、今回の2400mへの延長がマイナスになる事も考えられない。

当然相手は楽ではないが、コース適性という点だけでみれば本馬はここでもトップクラスの馬と言えるので、前走の敗戦で人気が落ちるようなら迷わず買っておきたい1頭。

オウケンムーン馬体診断

最後に枠は相当厳しいが△ワグネリアンまで印を打っておきたい。

誰が見てもわかるように皐月賞の敗因は位置取りが全て。展開などを考えるとさすがにあそこから追い込んで馬券に絡むのは難しいといえ、この日は7着まで追い上げて来れた事を評価すべきレースだろう。

同じような位置から競馬をして掲示板を確保した馬ばかり取り上げられているが、この馬に関しては最後は強く追われていない点を考えると、少なくともその馬達と同等、もしくはそれ以上の評価が必要になるのでは。

初戦はヘンリーバローズを破り、野路菊ステークスではケタ違いの末脚を披露して圧勝、重賞の東京スポーツ杯でも危なげなく勝利し、早くからダービー候補と言われた馬。成長力には疑問が残ってしまうが、それでも力を出し切ればあっさりと巻き返せるだけの能力はあるだろう。

ただ、今回は鞍上が大きなハンデに加えてまさかのピンク帽。もう少し評価する予定だった馬ではあるが、ここは一気に評価を落として印を打った。

ワグネリアン馬体診断

◎ゴーフォザサミット
人気ブログランキングへ
▲穴ジャンダルム
☆穴オウケンムーン
△ワグネリアン

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここはシンプルな買い方で勝負します。後は現地で適当に買い足す感じで。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第85回 日本ダービー(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

皐月賞は7番人気馬エポカドーロが制し、2着は9番人気のサンリヴァルで、3連単の配当は【37万2080円】と波乱の決着に。「最終週に雨が降って馬場が悪化した影響が大きかった。皐月賞の結果がそのままダービーに直結するとは思わない」と関係者は口を揃えており、今年の日本ダービーはますます混戦の様相を呈してきたと言えるだろう。

そして今回、皐月賞馬・エポカドーロ以上に注目を集めるのは、皐月賞に出走していれば1番人気濃厚だった、無敗の2歳王者ダノンプレミアムだろう。挫石でレース回避が決まった後、ほぼ2週間、馬房から出すことができなかった調整過程を考えれば、今回は決して順調なローテーションとは言えない。それでも、時計を出し始めてからは流石の動きを披露している。

かつて、フェノーメノ陣営が「本当は自信があったがプレッシャーをかけないように煙幕を張った」とレース後に関係者に明かしていたように、大レースになればなるほど、各陣営の本音は表に出づらくなる。ホースマンが誰しも憧れる日本ダービーの大舞台であれば、表に出ないような陣営の本音が、いつも以上に多く存在するのは間違いないだろう。

競馬関係者の裏の裏まで知ることができるのは、当社シンクタンクには、これまでサクラローレル、サクラバクシンオーなど数々のGI馬を育てた境勝太郎元調教師や、“関西のドン”として知られた柳田次男元調教師といった競馬界のレジェンド達が情報ルートとして在籍し、現在もハイセイコーの主戦騎手を務めた増沢末夫元調教師を筆頭に、史上最強馬との呼び声も高いマルゼンスキーの主戦騎手を務めた中野渡清一元騎手、伝説の名馬サクラスターオーを手がけた平井雄二元調教師といった業界最高峰と言われる人脈と情報力を擁しているからこそ。

ある大物関係者は「今年のダービーはまず荒れる」と断言しているだけでなく「これは本当にオフレコ情報なのだが、○○○○○○○○陣営が実は……」という、とんでもない強力情報も既に掴んでいる。レースそのものはもちろん、馬券的にも非常に妙味のある1戦となったのは間違いない。

本来であれば、日本ダービーの関係者情報を無料で提供することはないが、今回は特別も特別、弊社の情報を初めて入手される方に限り、日本ダービーの【◎-穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別無料公開することが決定した。競馬の祭典である日本ダービーの馬券を購入される方は、是非とも”本物の関係者情報”を味わって頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第85回 日本ダービー(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク