【TVh杯2019予想】本命ホウオウカトリーヌ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の函館メイン、TVh杯の予想を。コーディエライト、スワーヴアーサー、ダイトウキョウ、ハウメア、ヤマカツグレース、レコードチェイサーなどが出走する芝1200mの3勝クラスのレース。

去年のこの時期はこのぐらいのレースはバコバコ当たっていた記憶があるので、今年もそろそろ夏競馬の波に乗りたいところ。先週は一番嫌な相手本線決着ばかりだったので、今週は軸を間違えないようにしたいです。

今週末の重賞に関する記事はこちら。

【CBC賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【ラジオNIKKEI賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【ラジオNIKKEI賞はこの穴馬が激走する】

TVh杯

本命はホウオウカトリーヌ

ここ2走は大敗しているが、前走の桜花賞は相手関係や距離、フィリーズレビューは一瞬直線外から伸びそうだったが、結局内で競馬をした馬が止まらず10着まで。更に最後は少し脚があがっていた事を考えると、1400mでタフな馬場になってしまった事が影響したのではないだろうか。

フェアリーステークスで好走している馬ではあるが、もともと本質はスプリンターと思っていた馬なので、今回の距離短縮は大歓迎と言え、血統的に洋芝への適性も問題なさそうなので裸同然のハンデ51キロなら当然のように買いと言える。

ただ、この手のタイプは想像以上に人気になってしまうので、今回は相手を捻って馬券を購入したい。

対抗は穴人気ブログランキングへ

なかなか思い通りの競馬をしてくれないが、今回も人気がないのでしつこく狙っていく。とにかく気性面が足を引っ張っているというのが現状ではあるが、逆に自分の形にハマりさえすればどこかで一撃がありそうなタイプで、近走の敗因がはっきりとしている分狙いやすい馬でもある。前走からの上積みに加えて今回のコース替わりがプラスになれば案外あっさりまであっても。

▲にレコードチェイサー

前走は着差は僅かだったが内容的には完勝と言えるもので、2走前にケイアイサクソニーを相手に逃げきった実績は本物と思ってよさそう。クラスは上がるが前走からハンデが1キロ軽くなるのは明らかに有利で、2度使われた上積みを考えるとここも楽に突破してくる可能性は十分では。

ハウメア

前走伸びそうで案外伸びなかった点からすると距離が響いた感じなので、今回の1200mへの距離短縮は歓迎だろう。洋芝の経験は1戦のみではあるが、血統面などを考えると適性は高そうなので、ルメール騎乗で人気になってしまうが、これ以上評価を落とす事は出来ない。

スワーヴアーサー

差し馬の割には不器用というタイプではないので、極端な展開にならない限り確実に脚を使ってきそう。去年函館で勝利した時もなかなか強い競馬だったので、今回のコース替わりもマイナスになる事はないだろう。後は軽量馬を相手に55キロを背負ってどこまで差を詰める事が出来るか。

◎ホウオウカトリーヌ
〇穴人気ブログランキングへ
▲レコードチェイサー
☆ハウメア
△スワーヴアーサー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 CBC賞(G3)

今年も密かに一発を狙う
『伏兵の存在』を既にキャッチ
「CBC賞はこの5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーシリーズの第2戦となるCBC賞は去年が16万馬券、一昨年が41万馬券、その前年が13万馬券決着で、過去10年で10万馬券以上になったのが6回と波乱が前提となっているレース。開幕週のハンデ重賞という条件に加えて、サマーシリーズや秋のスプリンターズSなどを見据えて使う陣営の思惑が複雑に絡むゆえ、世間一般レベルの情報力では“難解”となってしまうのだ。

しかも、北海道シリーズが開幕したことで、新聞各紙の記者が地方へと分散する。通常から人手が足りていない現状で、そのまま人が分散するのだから、全ての場所で取材不足が加速するのは言うまでもない。まして、今の競馬界はマスコミの取材が及ばない“外厩仕上げ”も日常的で、その情報をアテにする一般ファンが、陣営の“本当の思惑”を知ることなど、ホボ不可能といっていい。だから、印はスッコ抜けだが、実は「ココが勝負」の人気薄が台頭することが毎年のように起こるわけなのだ。

こういった世間が“難解”と捉えるレースこそ、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍し、“本物の関係者情報”を入手することができるシンクタンクの情報力がより生きることになる。

実は、今年も密かに一発を狙う『伏兵の存在』を既にキャッチしている。この馬が馬券に絡めば、例年の如く一般ファンでは掴むことができない大波乱決着もあり得るとの話だ。今週は『伏兵の存在』を含めたCBC賞の情報注目馬5選を特別無料公開する。その他にも、ココだけの話が見られる戦略会議もあわせて公開するので、あなたの馬券にぜひともお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 CBC賞(G3)

今年も密かに一発を狙う
『伏兵の存在』を既にキャッチ
「CBC賞はこの5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク