【安田記念2018予想】本命キャンベルジュニア

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜のブログ予想はベタに当てにいくつまらない予想、鳴尾記念の1レースのみでしたが、△ストロングタイタン◎トリオンフ▲トリコロールブルーで決着。ストロングタイタン、トリコロールブルーに関しては馬体、調教診断でも書いたように割と注目していた馬ですが、本命が人気馬だった事もあり少し色気を出して評価を下げてしまいました。とりあえず少しですがプラス収支で終える事が出来たので、日曜はもっと勝てるように狙っていこうと思います。

では本日は東京メイン、安田記念の予想を。スワーヴリチャード、サトノアレス、アエロリット、ペルシアンナイト、レッドファルクス、リアルスティール、リスグラシュー、サングレーザーなどが出走予定の東京1600m戦のG1レース。

去年は◎レッドファルクス、数年前も◎クラレントで大爆発した地味に相性の良いレース。そろそろ帯が欲しいです。

なお、本日も訳あってブログの更新は少なめでいこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

昨年は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!
今年は、大阪杯の連対馬ペルシアンナイト、スワーヴリチャードが参戦。昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイトは春秋マイル王に輝くことができるのか?スワーヴリチャードは大阪杯に続きG1連勝なるか?強力馬2頭の対決は注目だ。その他ではマイラーズC組みからモズアスコット、サングレーザー、京王杯SC組みからムーンクエイク、キャンベルジュニア、ヴィクトリアM組みからは2着馬リスグラシュー、アエロリットや、レッドファルクスなどG1馬4頭が参戦。昨秋のマイル王はペルシアンナイトに輝いたが、今年の春のマイル王は果たして?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

安田記念

本命はキャンベルジュニア

一時期はパッとしない成績が続いていたが、2走前のダービー卿チャレンジトロフィー、そして前走の京王杯スプリングカップで共に2着とここにきて完全に復調気配を感じる。

ダービー卿チャレンジトロフィーではレースレベルこそ微妙ではあるが、外差しが決まる馬場の中で先行して連を確保するという強い内容で結果を残しており、負けはしたが非常に中身の濃い2着と言える。

前走も決して有利とは言えない外枠、更にスタートが決まらずいつもより後ろからの競馬になってしまったが、最後はしっかりと脚を伸ばし勝ち馬とタイム差なしの競馬なら前哨戦としては上々の内容では。

ここ2年のダービー卿チャレンジトロフィーの内容から中山巧者というイメージがある馬ではあるが、実は東京コースも(2.2.0.1)と得意としており、(2.2.1.1)とこちらも得意のマイル戦であれば今回のコースがマイナスになる事は考え難く、有力どころに差し馬が多い事からすると展開面も大きく味方するのではないだろうか。

極端な外枠なら評価を落とす事も考えたが、今回はギリギリ内寄りの枠。ここならまず力は出し切れると思うので、能力は劣っている事は事実ではあるが、コース適性と展開からの逆転を考えての本命とする。

対抗はアエロリット

前走のヴィクトリアマイルでは直線では馬券にはまず絡むかというぐらいの勢いがあったが、外から一気に来た馬に交わされてしまい惜しくも馬券にはならず。それでも見せ場たっぷりの4着なら評価を下げる必要はないだろう。

パドックからテンションが高かった秋華賞こそ崩れてしまったが、中山記念やクイーンステークスと展開が向いたとは言えないレースでも結果を残しており、この2戦の内容からして条件次第では牡馬相手でも能力は通用する馬と言える。

今回は前走に続いての東京1600m戦。NHKマイルを勝った舞台なので勿論悪い印象はなく、ここも仮に多少ペースが流れたとしてもそれなりに見せ場はつくってくるだろう。本命馬を考えると当然対抗はここに落ち着く。

▲穴に人気ブログランキングへ

前走は直線ではもう少し伸びるかと思ったが、最後は脚が止まってしまい大きな見せ場はつくれず惨敗。単純に力負けとも言えるが、2.3走前のレース内容をみるととても力を出し切っての敗戦とは思えず、むしろここでも展開ひとつで上位に入線してきても驚けない存在ではある。

過去のレース内容からすると時計がかかっても問題ない馬と思っていたが、もしかするとこの考えを捨てて印をつけるのが正解なのかもしれない。かなり人気は落ちる事になると思うが、絶好枠を引き当てたここは思い切って狙う価値はあるだろう。

☆穴にウエスタンエクスプレス

去年の香港マイル、前走のチャンピオンズマイルの2着馬で、勝ち馬は共にG1を3勝しているビューティージェネレーション。

G1勝ちはおろか重賞も勝っていない明らかに格下と言える存在ではあるが、ビューティージェネレーションと0.1秒差の競馬をしている本馬の能力が低い訳がなく、今の日本のマイル路線のレベルを考えると香港の2軍レベルの馬でも十分通用するだろう。

鞍上が日本での競馬が初になるクリッパートンはやや不安ではあるものの、ウエスタンエクスプレスには何度も騎乗経験がある点を考えるとボウマンから極端なマイナスになる事も考えられず、わざわざこの日の為に香港から呼び寄せたという事はそれだけ色もあるという事では。

今の日本の馬場は歓迎とは言えないが、どのみち人気薄であればギャンブル的には狙って損はない。能力はここでも足りるだけに後はどこまで展開などの恩恵を受けることが出来るか。本命馬と血統面が似ている事もあり、キャンベルジュニアが来る展開になればセットで馬券になる可能性は十分考えられる。

◎キャンベルジュニア
◯アエロリット
▲穴人気ブログランキングへ
☆穴ウエスタンエクスプレス
△ペルシアンナイト
△レッドファルクス
△モズアスコット
△サングレーザー
△サトノアレス
△リスグラシュー
△スワーヴリチャード

▲穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

大外にウインガニオンが入ったのでベタに差しが決まる展開にヤマを張る事も考えたが、流れそうなレースこそあえて前というのが自分の中でのルールでもあるので、ここは大外れも覚悟した上で印を打った。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 安田記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年のマイルチャンピオンシップを制したペルシアンナイトが参戦するものの、マイル路線にはモーリスのような確固たる中心馬は不在。その変わりに、中距離路線からスワーヴリチャード、リアルスティールが参戦。スプリント路線からはレッドファルクス、香港からはウエスタンエクスプレスが出走を予定しており、今年の安田記念は例年以上の豪華メンバーが揃った。

マスコミも当然ながら“混戦ムード”を煽ってるだろうが、混戦と煽えれば煽るほど、我々が狙いをつけている【激走穴馬】の配当妙味が増すことになる。当社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し『本物の関係者情報』を入手することができるから、世間の混戦ムードに惑わされることはない。

一般競馬ファンでは『本物の関係者情報』を自力で入手することは不可能だが、当社シンクタンクは『本物の関係者情報』を一人でも多くの競馬ファンに知っていただくために、今週の【安田記念・◎-穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別に無料公開することを決定。このチャンスに、是非とも当社の情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 安田記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク