【全日本2歳優駿2018予想】本命デルマルーヴル

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は19日(水)の川崎メイン、全日本2歳優駿の予想を。メイクハッピー、イグナシオドーロ、デルマルーヴル、エムオータイショウ、ミューチャーリー、ガルヴィハーラ、ノーヴァレンダ、ウィンターフェルなどが出走するダート1600mのJPN1レース。

特に自信がある訳ではありませんが、週末に向けてここは気合い溜めという事で馬券は絞って購入します。

【有馬記念2018予想考察】有力馬一週前追い切り・調教評価

【有馬記念2018予想考察】穴馬一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

全日本2歳優駿

本命はデルマルーヴル

前走の兵庫ジュニアグランプリは対抗という印を打ちつつも、レースセンスを考えるとどちらかと言えば広いコースが合いそうなタイプだったので能力は認めつつも多少の疑いを持ちながら印をつけたが、結果は直線で外から先に抜け出そうとしたオルトグラフを並ぶ間もなく交わし、最終的に4馬身差をつけて快勝。

2走前のオキザリス賞でもスタートで後手を踏みながらも最後は内の狭いところを割って抜け出す味のある競馬で勝利しており、直線では前が壁になって追いだしが遅れてしまったにも拘らず2着馬の追撃をあっさりと凌いで勝ち切った内容は力があってこその競馬だった。

今回は初のマイル戦への対応がカギとなるが、初勝利時が1800mだった事を考えると距離延長は全く問題はなさそうで、オキザリス賞の内容からすると左回りでの競馬もプラスになりそう。その他に人気になりそうな馬との比較になると能力は勿論ではあるが、マイナス材料が最も少ない本馬が軸としての信頼度は高いだろう。

対抗は人気ブログランキングへ

プロフィール上、今回のメンバーの中に入ると少し影が薄い印象も、前走の内容が圧巻だった本馬が面白そう。2着馬のレベルやこの時の時計を考えると能力はここでも通用しそうで、何より他の馬とはコース適性の差で頭ひとつリードしている存在なだけにある程度の印は必要となるのでは。力通りであればデルマルーヴルが強いと思うが、完成度の差と過去の傾向からしても勝ち負け争いに加われるだけの資格は十分ある馬だろう。

今回は本命対抗の2頭を中心に馬券を組み立てるのでその他の馬は全て△評価とする。

ガルヴィハーラ

今年ダート馬が豊作のキャロットではあるが、2戦2勝の本馬は今のところ血統ほどのインパクトは感じない。前脚の兼ね合いもあって買うなら今かもしれないが、おそらくこのクラブのダート路線の横綱はこの馬ではない。人気を考えると△ぐらいの評価でいいのでは。

ノーヴァレンダ

前走は楽な勝ち方ではあったが、2着馬が次のレースであまりにも情けない競馬をしており、有力馬が回避したもちの木賞の勝ち馬という捉え方で印をつけた。クラスが上がってどうこうというレベルではなさそうではあるが、姉がブランシェクールという血統なので、地方の馬場は合いそうな印象も。

ウィンターフェル、イグナシオドーロ

人気馬2頭が信頼度に欠けるので、誤診で有名になった北海道2歳優駿組にもチャンスはありそう。3着ミヤケにはしっかりと着差をつけており、上位人気馬が1頭崩れる競馬になれば2,3着ぐらいなら十分可能性はある。

メイクハッピー

今回の枠でがっつり揉まれた時にどうかという不安から評価を落としたが、スムーズにレース運びが出来れば勝ち負けになっても。

◎デルマルーヴル
人気ブログランキングへ
△ガルヴィハーラ
△ノーヴァレンダ
△イグナシオドーロ
△ウィンターフェル
△メイクハッピー

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 有馬記念(GI)

レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

年度代表馬となることが濃厚な”今年の顔”と言うべき3冠牝馬アーモンドアイこそ参戦しないものの、オールカマー、天皇賞・秋と2連勝を飾り完全復活を印象づけたダービー馬・レイデオロを筆頭に、GI馬7頭(障害GI馬オジュウチョウサンを含めれば8頭)が参戦を予定し、今年もグランプリにふさわしいメンバーが揃ったと言える。

有馬記念と言えば、スポーツ紙は週頭から一面で取り上げ、普段は馬券を買わない層までもが興味を持ち、年末の風物詩となっているのは周知の通り。それだけに新聞社にとっては絶好の書き入れ時で、新聞を売るために、とにかく話題になり興味を引きそうな話をピックアップする。読者にとって、それが馬券の役に立つか立たないかは二の次であり、有名人やタレントの予想を大々的に取り扱い、全く勝負にならないような馬ですら『大穴』として取り上げたりするのだ。

そして今年は、障害界の大スター・オジュウチョウサンの参戦が大きな話題の1つとなる。しかも鞍上は武豊騎手、マスコミにとっては格好のネタになることは明らかで、取材がそこに注力されることは間違いない。また「有馬記念がラストラン」という馬も多くなるが、今年もサトノダイヤモンド、サウンズオブアースがこのレースで引退を予定している。平成最後の有馬記念、オグリキャップの劇的な復活勝利の再現を……と、根拠もなく煽り立てる可能性もあるだろう。

世間一般の競馬ファンは、こうした情報を新聞やネットを通じて目にして馬券を買うのだから「なかなか馬券が当たらない」となるのは、ある意味、必然とも言えるだろう。そもそも、有馬記念の1着賞金はジャパンカップに並ぶ3億円、これだけの賞金がかかるレースを前にして、本気でココを勝ちに行く陣営が、わざわざ自分たちのマークをキツくするような本音を、多くの人の目が触れる新聞やネットといった媒体に語ることはないのだ。

弊社には、名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役競馬関係者の『大先輩』にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍しており、確かな情報網を構築している。当社が入手する『本物の内部関係者情報』は、一般マスコミが世間に報じるような情報とは一線を画している。

既に弊社の下には有馬記念に関する様々な情報が入ってきている。過去の有馬記念でも、エアシェイディ(11番人気3着)、エイシンフラッシュ(7番人気2着)、トゥザグローリー(9番人気3着)、オーシャンブルー(10番人気2着)など、マスコミノーマークの穴馬をしっかりとマークして的中させてきた実績があるが、今年もこれらに匹敵するような激走穴馬の存在を掴んでいる。そこで、今週は特別も特別に、当社が掴んだ有馬記念の【激走穴馬情報】を無料公開する。この情報、有馬記念の馬券を買うつもりならば、絶対にチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 有馬記念(GI)

レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク