【羽田盃2019予想】青葉賞2019予想オッズ 一週前追い切りなど

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、青葉賞に出走を予定しているウーリリ、キタサンバルカン、ピースワンパラディ、ランフォザローゼスの一週前追い切りに関する記事と大井で行われる羽田盃の予想を軽く。

記事を書く時間がしっかりと取れなかったので羽田盃はブログ予想を見送る予定でしたが、一応印だけでも載せておきます。なお、昨日行われた東京プリンセス賞は〇トーセンガーネット◎アークヴィグラスで決着するも相手抜け。少し相手を絞りすぎてしまいました。

まずは青葉賞の予想の前に大井メイン、羽田盃の予想から。ウィンターフェル、ミューチャリー、ステッペンウルフなどが出走するダート1800mのS1レース。

羽田盃

人気ブログランキングへ

本命は少し迷ったが距離延長でパフォーマンスを上げてきそうなこの馬に落ち着いた。これまで戦ってきた相手もなかなかのレベルで、おそらく今回のコースも合っているだろう。

人気ブログランキングへ
〇ステッペンウルフ
▲ホワイトヘッド
☆ミューチャリー
△シビックヴァーゴ
△サクセッサー
△フォルベルス

馬券は〇▲☆→◎⇔印の3連単を購入する。

その他今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【天皇賞春2019予想考察】穴馬一週前追い切り

【天皇賞春2019予想考察】一週前追い切り

では続いて青葉賞の追い切りに関する記事を。

3点勝負買い目を無料公開

青葉賞一週前追い切り

ウーリリ

霧で前半の動きは確認出来ないが、やや重心のブレが目立つ。追われると左右にヨレており、ここはトモの甘さと馬の幼さが影響している為だろう。反応もやや鈍く、相手に並ばれても加速出来ないのは気になるポイント。脚の上がり方をみてもまだまだ身体の使い方をわかっていない印象なので、今回も前走に続いて能力だけでどこまでといった感じか。

キタサンバルカン

脚が少し流れるがリズムはしっかりと取れている。線の細さがいかにもこの産駒らしいが、可動域がまだまだ狭く、完成するにはもう少し時間がかかるタイプだろう。ただ、追われた時の反応はまずまずで、エンジンがかかると一気に加速し、後は調教パートナーを突き放すだけの追い切り。相手の動きがかなり微妙だった事もあるが、それを差し引いて考えても悪くない動きだったと言える。

ピースワンパラディ

頭が高く頸の可動域が狭いが、身体の使い方は悪くない。脚の回転の速さも上々で、馬体の割には素軽さがある点は評価しておきたいポイントで、追われてスッと反応出来ているのにも好感が持てた。ただ、トモや肩の筋肉量は豊富ではあるが、身体全体に余分な脂肪がついており、発汗が目立つ点などは割り引いて考えたい。このひと追いでどこまで絞れるか。

ランフォザローゼス

もう少し折り合いに苦労するかと思ったが、案外素直で真面目な馬。楽な手応えで相手に並びかけると勝手に馬が反応して加速する。強く追われていないので一気に突き放すような追い切りではなかったが、これだけ内面にスイッチが入っていれば十分だろう。以前の動きや馬体と比較すると休ませた事もあってかなりの成長を感じる1頭で、これなら権利取りにも期待が持てるのでは。後は最終追い切りで負荷をかけてもらいたい。

予想オッズ

1 ランフォザローゼス 2.5
2 ウーリリ 3.3
3 サトノラディウス 6.8
4 アドマイヤスコール 7.2
5 リオンリオン 8.6

最後に青葉賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第159回 天皇賞春(G1)

エタリオウ?フィエールマン?
ユーキャンスマイル?
【情報注目馬5頭】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の古馬中長距離路線は、大阪杯がGIへと昇格し、更にはドバイや香港といった海外も選択肢に入るのが当たり前の時代となった。かつては王道だった春の天皇賞も、以前よりも長距離色の強いメンバーが揃うようになったが、近年は距離適性以外の理由による出走も増えている。それが、大手生産者グループによる“使い分け”だ。

その筆頭と言うべき存在が、今年も大阪杯、桜花賞、皐月賞とGI3連勝中のノーザンファームだ。ノーザンファーム天栄、ノーザンファームしがらきなど、今やトレセンをも凌駕する規模の育成施設を持っているため、若手調教師の間を中心に、「牧場(外厩)主導の仕上げ」を飲み「ローテーションを始めとした育成方針の決定権」を譲ることも当たり前となっている。また、ノーザンファームで修行していた経験のある調教師も多くなっており、その影響力は日増しに強くなっている印象だ。

今年の天皇賞は、シャケトラが不運にも1週前追い切り後に故障を発生してしまったものの、エタリオウ、フィエールマン、ユーキャンスマイルなど、有力馬の大半がノーザンファーム生産馬といった様相。必ずしもノーザンファーム生産馬が馬券になるとは言えぬが、的中を掴むためには、その思惑を把握しておく必要があることは確かな事実である。

しかし、マスコミが取材をするのはトレセン内、外厩施設に取材が及ばないため、その思惑を明確に掴むことはホボ不可能であり、マスコミの情報を頼りにする一般ファンも同様だ。

当然、弊社シンクタンクは外厩からの情報も重要視しており、早い段階で牧場・外厩関係の情報を入手できるよう情報網を構築してきた。つまり、一般ファンでは入手できない情報も掴んでいるというわけだ。

結論に関しては、直前までしっかりと情報収集してお伝えするが、既に情報ルートから天皇賞の情報が続々と入ってきており、「最大の伏兵」となり得る激走穴馬の存在にも目星をつけている。この馬が“高配当馬券の肝”となる可能性は十分と睨んでいる。そこで、今回は特別に天皇賞の“高配当馬券の肝”である激走穴馬を含めた情報注目馬5頭を無料公開する。天皇賞の馬券を獲りたい、高配当、万馬券を狙いたい方は、ぜひともチェックしておいて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第159回 天皇賞春(G1)

エタリオウ?フィエールマン?
ユーキャンスマイル?
【情報注目馬5頭】を無料公開

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク