【共同通信杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、共同通信杯に出走を予定しているアドマイヤマーズ、クラージュゲリエ、ゲバラ、ダノンキングリー、フォッサマグナの最終追い切りに関する記事を。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

その他今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【京都記念2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

【共同通信杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

共同通信杯最終追い切り

アドマイヤマーズ

前半はリズムが狂うも脚と頸の出し方に違和感は感じられない。今週も先週に続いてゆったりとしたフォームで走っており、地面を捉える脚にも力強さがある。特に大きく嫌いたくなるような材料は見当たらないが、予想よりも素軽さが出て来なかった点だけは誤差で、果たしてパワー寄りに出た走りをする馬が東京コースの距離延長をクリア出来るかどうか。出来だけなら問題はないように思えるが…。

クラージュゲリエ

今週も先週同様にフォームに乱れはないが、とにかく脚が上がらない。相変わらず硬さも残っており、右にモタれながら走っている点も割り引く必要があるだろう。ただ、先週は調教パートナーに遅れを取ってしまったが、今週はしっかりと相手に先着。いきっぷりはさすがの一言ではあるが、ちょっと内面が表に出すぎている印象を受けるので、今回は能力以前に長距離輸送と初コースは大きな課題となるのでは。馬体の張りと内面を含めて考えると久々の影響は少なからずあるとみる。

ゲバラ

馬格はそれなりにある馬ではあるが、身体を大きく使っている割にはこじんまりとした動きで非常に線が細く感じる。ただ、小さくこじんまりとしている割には案外迫力がある動きで、スピード、パワーどちらも感じられる走りだった。馬体は頼りない印象を受けるも、馬場を考えるとそれなりに評価出来る動きだったので、人気からすると案外面白い存在かもしれない。

ダノンキングリー

3頭併せの一番外。頸や頭をみると多少行きたがる仕草をみせているが、何とか内面はセーブ出来ていた。脚の回転は速く非常にリズミカルな動きといえ、可動域や身体の使い方をみるとここに向けてしっかりと馬をつくってきている。ラストは軽く追われただけですっと反応し、馬なりのままで調教パートナーに先着。脚もとを考慮しての今回の追い切りと勘ぐってしまわない事もないが、前哨戦としてはほぼ完璧な追い切りと思っていいのでは。

フォッサマグナ

この厩舎らしい追い切りで、経験が浅い割には身体の使い方をしっかりとわかっている優等生タイプ。もたつきながらもエンジンがかかってからはしっかりと脚を使って伸びており、最後は調教パートナーと馬体を併せるところまでやれた点は評価出来るだろう。ただ、馬体をみると完成度は決して高いとは言えないので、どちらかと言えば春以降の馬では。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは本馬が文句なしの動きを披露した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第53回 共同通信杯>

クラシック登竜門に
今年も大物がスタンバイ

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではアイネスフウジン、ナリタブライアン、メジロブライト、エルコンドルパ
サー、ジャングルポケット、アドマイヤムーンなどがおり、近年でも17年スワーヴリチャード、16年ディーマジェスティ、15年リアルスティール、14年イスラボニータなどクラシック路線で活躍しておりクラシックの登竜門として名馬を送り出している注目の3歳重賞戦。

過去10年の上位人気馬の成績では、1人気[2.2.2.4]、2人気[2.3.1.4]、3人気[3.2.1.4]。1人気で優勝したのは14年イスラボニータ、09年ブレイクランアウトの2頭のみと信頼度は低い。平均配当では、馬連2500円、3連複1万2160円、3連単8万3660円。上位人気馬が揃って馬券圏を外すことはなく、二桁人気馬の伏兵も昨年のエイムアンドエンド(10人気③着)1頭のみが馬券圏に好走と、大波乱になるケースは少ない。

また、過去10年の優勝馬のキャリアは3戦4頭、4戦4頭、1戦目1頭、6戦目1頭となっており3~4戦のキャリアでの優勝馬が多い。さらに連対馬20頭中14頭が左回りでの連対があった。

今年は4戦無敗で朝日杯FS(GⅠ)を制したアドマイヤマーズ(M.デムーロ)、ラジオNIKKEI杯京都2歳Sを制したクラージュゲリエ(武豊)などの有力馬がスタンバイ。今年の始動戦としてダービーを見据えて東京コースを試走。

競馬セブンでは、早くから「クラシック候補生」と言われていた陣営の勝負情報を入手済!クラシック路線での活躍が期待できる勝負馬とは!?週末情報はお見逃しのないようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『共同通信杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク