【中山記念2018予想】本命サクラアンプルール

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて中山メイン、中山記念の予想を。ヴィブロス、ペルシアンナイト、ウインブライト、マイネルハニー、マルターズアポジー、アエロリットなどが出走予定。

【PR:中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼

今週の勝負レースは「中山記念」です!

是非情報指数をご覧になってみてください!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から指数情報、無料予想を受け取る

中山記念

本命はサクラアンプルール

前走の有馬記念は最後の直線で説明する必要もないぐらいの不利を受けてしまい大敗。あの不利がなければ…と考えてしまうような内容でもあったがそれも含めての競馬。ここでタラレバを言っても仕方がない。

2走前の天皇賞秋では荒れた内を避けて外を回す競馬を選択するもこの時のロスが最後まで響いてしまい8着に敗れてしまったが、内枠をしっかり活かした競馬が出来ていれば3着争いには加われたぐらいの内容で、残り200mを過ぎてからもしっかりと脚を使って伸びており、この時は決して得意とは言えない重馬場での競馬だった事からすると非常に勿体ない競馬だった。

去年の超ハイレベルだった中山記念でも2着に入線する力がある馬が今年のメンバーで能力が足りないという事はまず考えられず、ここ2走のレース内容からして衰えも一切感じない。その点からすると一気に相手が楽になる今回は例えG1馬が相手だとしても普通に勝ち負けレベルだろう。

当初はここに出走する予定だったエアスピネルを不動の本命馬として考えていたレースではあったが、あの馬が回避してしまった時点でもうこの馬のここでの印は決まっていたようなもの。前走のような競馬をした馬を次のレースで本命を打つ事は絶対にしたくないが、この馬以外本命にしたい馬が他に見当たらないここは前走の事は度外視で本命とする。

対抗はペルシアンナイト

前走は仕上がりも抜群だったが、その仕上がり以上に完璧なレース内容での勝利。鞍上の恩恵を差し引いたとしても強い内容で、まず力がないと勝ち切る事は出来なかっただろう。

もともとこの世代ではトップクラスの評価をしていた馬で、距離はマイルが合っているとはいえ、馬体からすると2000mぐらいまでなら問題なく走ってきそうなのでこの距離で変に評価を落とす必要はない。

ただ、馬体診断の際に触れたが、休み明けからいきなりスイッチが入るようなタイプではないだけに馬に今回もスイッチが入り切っていない可能性も十分考えられるので隙があるならその点ではないだろうか。

中山記念馬体診断→ ペルシアンナイト馬体診断

復調気配感じる▲穴人気ブログランキングへを3番手に。

この距離での競馬は久々になるが、全くダメという訳ではなくむしろ過去の成績を見る感じだと歓迎と言えるのではないだろうか。この頭数での競馬なので前が潰れるような展開になれば2、3着ぐらいなら…という感じ。どちらにしても人気がないここは思い切って狙う価値はあるだろう。

☆はマルターズアポジー

前走のマイルチャンピオンシップは大敗してしまったが、外が伸びる馬場だったので結果的にこの馬の良さが活かせず。2走前の京成杯オータムハンデは差し馬が台頭する逃げ馬には厳しい展開とどちらも言い訳の出来る敗戦。今回は久々にこの馬の良さが引き出されそうな開幕週。自分の形で競馬が出来ればそう簡単には止まらないのでは。

◎サクラアンプルール
〇ペルシアンナイト
▲穴人気ブログランキングへ
☆マルターズアポジー
△ショウナンバッハ
△ヴィブロス
△アエロリット
△ウインブライト

▲穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第92回 中山記念(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
中山記念を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬にはサクラチトセオー、サクラローレル、サイレンススズカ、キングヘイロー、トウカイポイントなどのGI馬がおり、出世レースとして知られる中山記念。

10年には13人気トーセンクラウンが1着、12人気テイエムアンコールが2着となり馬連1万8080円、3連単6万6160円、3連単53万4940円の大波乱となったが、近年は伏兵の激走もなく比較的順当な結果となっている。近10年の人気別の成績では、1人気[3.0.1.6]、2人気[3.1.2.4]、3人気[3.1.2.4]と上位人気馬はともに3勝しており、ここ10年では上位人気馬が馬券圏に外れたのは1度のみ。

過去10年のステップレース別での成績では、前走GI出走馬が7勝しており圧倒的な強さを見せている。GI級が始動戦として出走することも多く、格の違いを見せ付けている。年齢別では4.5歳馬が3勝しているが、連対率では6歳馬が7連対と健闘している。

今年はヴィブロス、ペルシナンアイト、ディアドラ、アエロリットのGI馬にステファノスなど、豪華メンバーが参戦。昨年からGIに昇格された大阪杯やドバイ遠征の前哨戦として位置づけられており注目の一戦でもある。競馬セブンでは有力馬の不安情報や、人気薄確実な激走穴馬の大駆け情報を入手済!馬券購入前に必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『中山記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第92回 中山記念(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
中山記念を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク