【日経賞2019予想】本命サクラアンプルール

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、日経賞の予想を。エタリオウ、クリンチャー、ゴーフォザサミット、メイショウテッコン、ルックトゥワイスなどが出走する芝2500mのG2レース。

まずは日経賞の予想の前に阪神メイン、毎日杯の予想を軽く。今週はこちらのレースのフル予想も更新する予定でしたが、なかなか時間が取れない状況が続いているので本命馬のみの公開となります。

毎日杯

ヴァンドギャルド

今回のコース、馬場なら敗れた時の敗因がはっきりしているこの馬が有力だろう。相手もそれなりに絞れそうなレースなので3連単で勝負したいが、単勝が買えそうなオッズならシンプルな馬券で勝負するのも悪くなさそう。

その他週末の重賞に関する記事はこちら。

【高松宮記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【日経賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【毎日杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

日経賞

本命はサクラアンプルール

3走続けて8枠を引いてしまうという枠順に恵まれない競馬が続いているが、前走は相手を考えると決して悪い内容ではなく、2走前の有馬記念でも直線では脚を使うも大外枠が響いてしまい7着まで。

3走前の天皇賞秋も厳しい位置取りから最後はしっかり脚を使って伸びており、やはりここ3戦は力負けというよりも枠や展開に泣いたと思っていいだろう。

最終追い切りの動きを見ると少し不安もあるが、今回の中山2500mというコースなら適性だけで上位に食い込んでくる可能性は十分で、何より久々にまともな枠を引けた事は追い風となるのでは。ここは去年に続いての好走に期待する。

対抗はエタリオウ

梅花賞、ゆきやなぎ賞辺りからその後の出世を期待していた1頭で、穴として期待した青葉賞ではこちらの想像以上の競馬で日本ダービーへの出走権をもぎ取ってきた。

何より驚いたのはその日本ダービーで内、先行が有利な馬場の中を外枠、後方から脚を使い、勝ち馬ワグネリアンから0.2秒差の4着まで追い上げてくる非常に強い競馬をしており、続く神戸新聞杯、菊花賞と全く異なる条件でも大崩れすることなく結果を残している馬なだけに、久々の競馬となる今回も当然勝ち負け争いに加わってくるだろう。

おそらく中山2500mという条件はベストに近く、案外本命馬よりも適性は高いかもしれない。

▲にルックトゥワイス

こちらも以前から能力は重賞でも通用すると言い続けてきた馬で、エタリオウ(父ステイゴールド)のようになかなか勝ち切る事が出来ないが、どんな条件でも大崩れする事なく安定した成績を残している。グレイトフルステークスで突き抜けるならここと書いたように、この馬にとってのベストの条件は今回の中山2500m戦で、この条件であれば再び突き抜けて来る可能性も十分考えられるだろう。

☆にメイショウテッコン

ここ2走はちぐはぐな競馬になってしまい本来のこの馬の力を発揮する事が出来ていないが、去年はかなり強力な馬を相手にして互角以上の競馬を繰り返している馬なので、今回も力を出し切ればあっさりまである存在では。展開面も明らかにこの馬に味方しそうなので、スムーズにレース運びが出来れば巻き返し濃厚とみる。

◎サクラアンプルール
〇エタリオウ
▲ルックトゥワイス
☆メイショウテッコン
△ゴーフォザサミット
△ブラックバゴ
△クリンチャー
△ハッピーグリン
△チェスナットコート

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第49回 高松宮記念>

人気の盲点となる激走穴馬が
穴馬券のキーホース

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1人気で優勝したのはビックアーサー、ロードカナロア、キンシャサノキセキの3頭のみ。短距離界の王者が人気に応えているが1人気が人気を裏切るケースも多い。上位人気馬が総崩れする事はないが過去10年でも、ナックビーナス(18年10人気3着)、ハクサンムーン(13年10人気3着)、アーバニティ(11年11人気3着)、ソルジャーズソング(09年15人気3着)などの二桁人気馬の伏兵が馬券圏内に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年、人気別の成績では、1人気[3.1.3.3]、2人気[2.3.0.5]、3人気[3.2.3.2]。平均配当は、馬連3080円、3連複1万2900円、3連単6万2090円。3連単では10万馬券を超える特大馬券が3度出ている。

また、過去10年でもキンシャサノキセキ(10年11年連覇)、サンカルロ(11年2着12年2着)、ロードカナロア(12年3着13年1着)、ハクサンムーン(13年3着15年2着)、ミッキーアイル(15年3着16年2着)、レッツゴードンキ(17年2着18年2着)などリピーターが好走するレースでもある。

今年の高松宮記念は大混戦模様、GI馬の参戦はスノードラゴン、セイウンコウセイ、レッツゴードンキの3頭だが、スノードラゴン、セイウンコウセイは近走成績が不振で年齢的にも大きな上積みもなく厳しい状況だ。新興勢力ではダノンスマッシュ、モズスーパーフレアなど連勝中の勢いがある。

実は競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!騎手・調教師・厩務員が揃って「勝てる!」と豪語するとある陣営の勝負馬とは!?また、有力馬の不安情報を極秘入手!関係者情報を入手できる競馬セブンだからこそ知り得る極秘ネタ!週末の情報はお見逃しの無いようにご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『高松宮記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク