【桜花賞2019(浦和)予想】大阪杯追い切りなど

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、大阪杯に出走を予定しているスティッフェリオ、ステイフーリッシュ、ステルヴィオ、ダンビュライト、マカヒキの一週前追い切りに関する記事と浦和で行われる桜花賞の予想を少し。

本来であればガッツリ地方競馬の予想をする日ですが、少し体調を崩していて約一ヶ月通院が続いているのでいつものようにしっかりと時間をつくって予想する事が出来ませんでした。

なお、先週の黒船賞は○サクセスエナジー☆ヤマニンアンプリメ◎キングズガードで決まり馬券はほぼ完璧。地方は連勝が続いているので今週の予想は軽くになりますが、何とかこの勢いのまま的中させたいところ。

桜花賞(浦和)

人気ブログランキングへ
〇トーセンガーネット

前走は相手関係や条件が合わず惨敗してしまったが、本来の持ち場での競馬となる今回はまず巻き返し濃厚のこの馬から馬券を購入したい。2走前の内容がとにかく優秀で、このぐらいの相手であれば圧勝まであってよさそう。レースが上手な馬だけに初となる浦和も全く問題ないとみる。

相手は終いは確実に脚を使ってくるトーセンガーネット。前走は勝ち馬に残られてしまったが、力負けというよりも完全に展開のアヤだろう。ニューイヤーカップでは牡馬相手に完勝しており、3走前の兵庫ジュニアグランプリではJRA勢を相手にして4着なら十分評価出来るもの。馬券は◎→〇の馬単1点で勝負したい。

では続いて大阪杯の一週前追い切りに関する記事を。

その他の一週前追い切りに関する記事はこちら。

【大阪杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

大阪杯2019予想考察】穴馬 一週前追い切り・調教評価

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 大阪杯>

今年は好メンバーが揃い大混戦模様。7頭のGI馬に、サングレーザー、ペルシアンナイト、クリンチャーなどGIで好走している有力馬がスタンバイ。好メンバーが揃う大阪杯は注目!

昨年秋の古馬GI戦、王道路線の天皇賞(秋)・ジャパンC・有馬記念を全て的中させている競馬セブンでは既に大阪杯の全出走馬の関係者情報を入手済。紙面上には載らないアノ有力馬の消し情報や、人気の盲点となり出走する激走穴馬の勝負情報も極秘入手!今年のGI競走も競馬セブンにお任せください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

大阪杯一週前追い切り

スティッフェリオ

フォームは乱れないが脚が外へ大きく流れており、ここの影響で最後までスピードに乗り切れない。調教パートナーであるダンビュライトにも軽く捻られるような追い切りとなっており、動きに俊敏さを感じない点は割り引く必要がある。ただ、手応えにはまだ余裕があるので、今週の変わり身に期待が持てない事もない。

ステイフーリッシュ

頭の位置やリズムは良く走りは安定しているが、エンジンがかかるまでに相当時間がかかってしまい、結局先行していた調教パートナーを交わす事が出来ず。脚の回転や出し方にも違和感がないだけに現時点ではこれが限界なのかもしれないが、最後まで馬体を併せて食らい付けた点だけは評価しておく。

ステルヴィオ

この馬らしい豪快な動きが戻ってきた。内面が表に出ている影響でエンジンが一瞬でかかり、追いかけた調教パートナーをあっという間に捉えてその後はただ突き放すだけ。身体も大きく使えており、脚捌きも軽く非常に軽快な動きだった。ただ、前脚があまり上がらず、多少硬さが残っている点は割り引きとなるので、この辺りが後一週で改善されれば文句なしだろう。

ダンビュライト

調教パートナーであるスティッフェリオを軽く捻るような楽な追い切り。それでも最低限の負荷はかけられており、息遣いに関しても悪い印象は受けないが、脚と身体全体に硬さが残っており、可動域が狭く感じる点は減点材料となる。まだまだ良くなる余地を残している。

マカヒキ

動きが大きく目立つような事はなかったが、馬なりでもしっかりと調教パートナーに先着出来ており、身体の使い方も上手い。最後は脚があがっているので負荷をかけられた時にどうかという不安はあるものの、このひと追いである程度馬体が絞られれば面白いだろう。

最後に大阪杯の一週前追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

こちらはその1、その2全て総合しての評価となります。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は同週にドバイミーティングが行われ、4月末には天皇賞(春)、5月には香港のクイーンエリザベス2世Cと、春の古馬王道路線には国内外で選択肢が多岐に渡り、トップホースが一堂に会するとまでは行かないものの、昨年の有馬記念を制したブラストワンピース、ダービー馬・ワグネリアン、皐月賞馬・エポカドーロ、マイルCSを制したステルヴィオなど、いわゆる“強い4歳世代”の牡馬たちが揃って参戦。また、アルアイン、キセキ、ペルシアンナイトといった5歳勢も健在で、GI馬9頭が出走予定と、今年も頂上決戦にふさわしいメンバーが揃うことになった。

豪華メンバーが揃う1戦とあれば、当然、競馬新聞やスポーツ紙を始めとしたマスコミの取材も加熱していく。ただ、ある事情によって、GI競走では陣営が一般マスコミに提供するコメントは“建前”ばかりになり“本音”の部分はまず聞けない。

なぜ、陣営が“建前”ばかりのコメントを出すかと言えば、大衆の目に触れる新聞やネット上で真実を語ったところで何のメリットも無いから。強気のコメントを出してわざわざ他からのマークをキツくする必要も無ければ「全然仕上がってない」なんて実情を正直に話して、新聞を通じてオーナーサイドに見られたら「アイツは無能だ」とのレッテルを貼られかねない。マスコミに本音を語ったところで、陣営にとっては1円の得にもならないわけだ。

また、近年はノーザンファーム天栄やしがらきなど、社台グループを中心に『外厩仕上げ』が主流となってきている。帰厩して日が浅い馬の本当の状態や勝負度合いを把握しているのは、厩舎ではなく、外厩先ということも少なくない。しかし、一般マスコミの情報源はトレセン内のみ。これでは確かな情報を手にすることはできない。

だが、弊社シンクタンクはそうした時流の変化を敏感に察知し、外厩先や馬主関係者といった情報源にも太いパイプを有している。名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役関係者の大先輩にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍。騎手、厩舎、エージェント、馬主、生産者、外厩などの牧場関係者まで、あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来るのだ。

今週の大阪杯についても、全国各地の情報ルートから様々な情報が入ってきており「◎○スバリ1点目で2万5340円的中の有馬記念と同等、それ以上かも」との声も。そこで、今週は大阪杯の【激走穴馬情報】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、特別無料公開することが決定。この【激走穴馬情報】は、高確率で馬券になるだけではなく「馬券になれば好配当間違いなし」と現役関係者もお墨付き。大阪杯の馬券を購入する方は、絶対に見逃さないようにご注目頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク