【宝塚記念2018予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、宝塚記念に出走を予定しているアルバート、ヴィブロス、キセキ、サイモンラムセス、サトノクラウン、サトノダイヤモンド、ステファノス、スマートレイアーの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を軽く。今回は前編になります。

追い切り記事の後編に関してはこちら

その他週末の予想や馬体診断の記事などに関してはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第59回 宝塚記念(G1)■

昨年は大阪杯・天皇賞(春)を連勝し断然1人気で出走したキタサンブラックが馬群に沈み9着に。GI3連戦で状態もピークを過ぎていたのは競馬セブンでも関係者情報で把握済。特に長丁場の天皇賞(春)を激走した馬たちにとっては疲れが取れにくく、次走で凡走するケースも多い。

今年はサトノダイヤモンド、サトノクラウン、キセキ、ヴィブロスのGⅠ馬4頭が出走し上位人気になるだろうが、実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在も緊急スクープ済!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

HTB賞予想結果

1着◎モズスーパフレア
2着〇ディバインコード
3着…コロラトゥーレ

単勝 630円

馬連 720円 馬単 1,850円

ここは◎モズスーパフレアの相手を2頭に絞って購入したのがハマりました。たった6.3倍、7.2倍ではありますが、単勝1点、馬連2点、更にボーナスの馬単を2点で仕留める事が出来れば硬いレースでもガッツリ回収する事は可能です。いつも言うているように本命対抗の本線で決まった時にいかに大きく回収出来るかが馬券のポイントでもあるので、点数を絞るレース、逆に広げるレースでもここはしっかりと意識して購入していきたいです。

ジューンS予想結果

1着…クラウンディバイダ
2着◎ルックトゥワイス
3着…サトノグラン

こちらは1点勝負でしたが相手が馬券にならずハズレ。

函館SS予想結果

1着△セイウンコウセイ
2着穴〇ヒルノデイバロー
3着◎ナックビーナス

馬連 10,410円

ワイド 3,180円 1,740円

3連複 11,690円

今年3度目の勝負レースとなった函館スプリントステークスですが、ここは本命対抗できっちりと的中。欲を言えば激しく穴〇ヒルノデイバローの頭の3連単が欲しかったですが…。これが頭なら帯だったので悔やまれると言えば悔やまれますが、あの着差だったので諦めもつきます。穴〇ヒルノデイバローはそこそこ色があったのでこの馬からのタテ目の馬連、ワイドも購入しましたが、そのタテ目も綺麗に当たり久々の並爆発となりました。

帯付きの大爆発は今週末にでも取れそうなので(気のせいです)とりあえず宝塚記念前にしっかりと波に乗れた事が大きいです。

米子ステークス予想結果

1着…ベステンダンク
2着◎タイセイサミット
3着〇マサハヤドリーム

ここは印相手2頭で勝負した事が失敗。あまり言い訳っぽい事は書かない主義ですがベステンダンクはコウエイタケルがいなければ3番手でしたね(^^;

終わってみればそこそこ配当もついていたのでちょっと勿体ない事をした感じもしますがこれも競馬。もっと上手く買えるように頑張ります。

ユニコーンS予想結果

1着◎ルヴァンスレーヴ
2着△グレートタイム
3着△エングローサー

馬単 1,040円

2着にエングローサーが来ていれば馬単60倍だったのでここは痛恨。更にエングローサーに関しては△評価では一番上位だった馬ですが、鞍上がかなりの荷物だった事もあり評価を落としてしまった事が大失敗。これで3連系を取り逃すハメに。ここはかなり最低限の的中となりました。

先週はいつもとは違って人気馬を本命にするレースが多くなってしまったので、これも夏競馬に向けての買い方なのか、予想の仕方を変更したんですか?など質問を数件頂きましたが、今回に関してはたまたま(素直に1人気を本命にしたいと思ったレースが多かったから)です。基本的に重賞では1人気に本命は打ちませんし、狙うレースは大きく狙っていくので今週末からはおそらく本来のスタイルに戻るかと思います。

ブログで5レース予想して5レースとも本命馬が馬券になり調子は確実に上向いているので、今週末は得意なレースが数レースありますので先週逃した帯を何とか取りたいところ。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第59回 宝塚記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【3連単馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

宝塚記念一週前追い切り

アルバート

頭の位置が高くフォームが安定しない。追われた時の動きをみても全体的に硬さが目立ち、頸と脚のリズムも取れていない。脚の回転だけは速いが力強さには欠けてしまう印象で、馬体全体をみても少し線が細い。負荷はかけられているが、手応えの割には反応も悪く、ラストは弾け切らなかった。

ヴィブロス

前半からゆったりと、そして大きいフォームが目につく。軸はブレず可動域も広い。とにかく馬体が柔らかくバネの利いた走りをしている。手応えは終始楽だったが、軽く仕掛けられただけで一気にパートナーを突き放し楽に先着。頸の使い方も上手く、一週前追い切りとしては十分な内容。海外遠征の疲れは全く感じられない動き。

キセキ

頭の位置が少し高く頸と脚のリズムが若干合わない場面もみられるが、追われると一瞬で反応し、抜群の動きをみせた。可動域も十分で力強い走り。馬体に厚みを感じない点は気になるが、調子は確実に上向いている。

サイモンラムセス

軽い調教ではあるがその調教に比例したような軽い動き。軸は安定しているが脚捌きに軽さはなく、地面を捉えた時の力強さも感じない。ラストは脚色も鈍っており、レース間隔を考えると仕方がないのかもしれないが、一週前追い切りの動きでは推せるポイントは見当たらない。

サトノクラウン

3頭併せの真ん中で前半からしっかりと負荷をかけられた調教。少し硬さは残っているものの、前へ進もうとする姿勢を感じさせる動きで、フォームが乱れる事もない。

ただ、手応え以上の伸びは感じられず、最後も外の馬に楽に先着されてしまった点は気になってしまう。トモの張りをみても馬が戻る一歩手前といった感じなので、最終追い切りでどこまでつくってこれるか。

PR【▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼】

今週の大勝負レース!宝塚記念の予想見解を無料で公開!

>>> 無料登録はコチラから!

サトノダイヤモンド

こちらも3頭併せの真ん中で一週前から意欲的な調教。結論から言えば久々にこの馬らしい動きをみせた。追われてすぐに反応した訳ではないが、ぐいぐいと前に出てエンジンがかかってからは一気に調教パートナーを突き放し置き去りにした。

ストライドの伸び、可動域は申し分なく、前脚もよく上がっている。この馬に関してはまだ全体的に馬体の厚みを感じてしまう点が残念ではあるが、ここ最近では一番良く動いたのではないだろうか。フォームもよく沈み、前へ出る姿勢を感じられるようになった点にも好感が持てた。

ステファノス

強く追われている割には反応はイマイチのように感じるが、馬体全体を使って動けており、頸と脚のリズムも取れている。少し馬体は緩いが軸は安定しているので調子は悪くなさそう。それでも反応の悪さだけは減点が必要となる。

スマートレイアー

前半に軽く仕掛けられただけですぐに反応し、追われると一気にエンジンがかかり加速すると止まらず。馬体以上に動きを大きくみせており、可動域も広い。地面を蹴った時の力も非常に強く、とても熟女とは思えない動き。

頸の使い方も上手く、当然脚を出す時のリズムもしっかりと取れている。毛色の関係もあるがフォームも非常に美しかった。一週前追い切りでこの動きなら十分だろう。

予想オッズ

サトノダイヤモンド 3.5倍
キセキ 4.2倍
ヴィブロス 5.8倍
サトノクラウン 7倍
パフォーマプロミス 9.8倍

1人気はファン投票でも1位のサトノダイヤモンド。キセキ鞍上込みで売れて2人気になるか。続いてドバイで結果を残したヴィブロス、去年の勝ち馬サトノクラウンが続くも、道悪での競馬になればサトノクラウンはもう少し売れそう。

最後に追い切りで1番良くみえた馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

一週前追い切りの動きとしては抜群で、文句なしの満点でしょう。人気的にも非常に狙いやすい1頭。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第59回 宝塚記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【3連単馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ファン投票1位のサトノダイヤモンドや、昨年の宝塚記念を制したサトノクラウン、キセキやヴィブロスといったGI馬の名はあるものの、全体的なメンバー構成はやや小粒感があることは否めない今年の宝塚記念。しかも、サトノダイヤモンドはフランス遠征後から不振に陥り、サトノクラウンも昨秋の天皇賞後の成績は冴えない。キセキも今年緒戦の日経賞で完敗と、有力と目される馬たちがどうにもパッとしない。

かと言って新興勢力に目を向けても、鳴尾記念をレコード勝ちしたストロングタイタン、日経新春杯を勝ったパフォーマプロミスなどもいるが、GI級の馬たちを相手にどこまでやれるかは未知数。海外からは香港の年度代表馬にも輝いたことがあるワーザーが参戦するが、鼻出血明けだった前哨戦では6着と完敗しており、日本の馬場に適応できるのかも大きなポイントとなる。

上記のように、今年の宝塚記念は一般マスコミや世間の目からすれば、まさに混戦ムードの一戦と目される。だが、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手・元調教師など競馬界の大物OBが在籍し『本物の関係者情報』を入手することができる当社シンクタンクは、世間の混戦ムードに惑わされることはない。

事実、同様に混戦ムードが漂っていた安田記念では、9番人気馬モズアスコットに本命を打ち、馬連7370円をズバリと的中させている。GIでは異例と言える連闘での挑戦でありながら、この馬に◎を打てたのは確かな情報力と分析力があるからに他ならない。

そして、宝塚記念でも、既にモズアスコットのように有力な【激走穴馬】の存在をキャッチしている。当社の実力を知ってもらうべく、今週は特別に宝塚記念の激走穴馬情報で万馬券を狙う【3連単馬券】の情報を特別無料公開する。宝塚記念で好配当を掴みたい方は、是非とも当社がお届けする真の関係者情報をご覧頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第59回 宝塚記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【3連単馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク