【朝日杯フューチュリティステークス2018予想】本命アスターペガサス

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日の土曜の競馬はあまりいいところ無しの結果。ターコイズステークス◎ミスパンテールは全く迷いなしの本命でしたが、痛恨の相手抜けで単勝のみの的中。今週はほぼこのレース頼みだっただけに、相手を思い切って広げて取りにいくべきレースでした。

本来であればターコイズステークスを当てて勝ち逃げする予定でしたが、ちょっとそれは難しくなってしまったので、日曜は1レースだけでもサクッと当てて来週に備えたいところ。

では本日は日曜の阪神メイン、朝日杯フューチュリティステークスの予想を。アスターペガサス、アドマイヤマーズ、グランアレグリア、ケイデンスコール、ファンタジスト、マイネルサーパスなどが出走する芝1600mのG1レース。

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想考察】一週前追い切り・調教評価

【有馬記念2018予想オッズ】出走馬の追い切り・レース展望

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想考察】最終追い切り・調教評価

【ターコイズステークス2018予想オッズ】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

朝日杯フューチュリティステークス

本命はアスターペガサス

正直積極的に狙いたい穴馬がないので、ベタにグランアレグリアを本命にする事も考えたが、経験の浅い2歳馬同士の戦い、更に抜けた1人気が牝馬という事もあってここはある程度攻める事に。

前走の京王杯2歳ステークスは5着に敗れてしまったが、道中掛かり気味になりながらも最後は大外から垂れる事なく差を詰めており、上位に入線した馬のコース取りを考えると、もう少し内枠を引いて折り合いを欠く事なく競馬が出来ていればまた違った結果になった可能性は高かったのでは。

2走前の函館2歳ステークスでは直線で致命的な位置から強烈な脚を使って勝利しており、あの脚が今回のマイル戦でも使う事が出来れば、上位争いに加わる事が出来ても驚けない。内枠を引き当てた事でおそらく前走のような事にはならないと思うので、後は直線で前が壁になって追い出せないという事にならなければ…。

例年1400mよりの馬が穴をあけるレースなので、今年は本馬が人気的にも狙い目とみる。

対抗はグランアレグリア

新馬戦で突き放したダノンファンタジーが先週の阪神ジュベナイルフィリーズを勝利した事で、より一層この馬の能力の高さが浮き彫りとなった。

ミスエルテが牝馬で人気を裏切っているが、ミスエルテの前哨戦はファンタジーステークス。本馬は牡馬相手のサウジアラビアロイヤルカップを勝利しており、出遅れから向こう正面で一気に番手まで進出し、直線では2着馬を突き放す圧勝とレースをみる感じでは特に大きく嫌う材料は見当たらない。

本レースと相性の良いディープインパクト産駒という事もあり、ここは評価を下げたくてもこれ以上は下げれないというのが現状。無難に評価する。

▲穴に人気ブログランキングへ

前走は勝ち馬には突き放されてしまったが、地味にこの馬も直線後方から脚を使って追い上げてくる強い内容で結果を残しており、あの内容からすると多少相手が強くなるここでも案外通用しそうな気も。何よりここ2走の追い切りでの動きが抜群で、積まれているエンジンはこちらが想像している以上のものを持っているのかもしれない。ただ、G1で今回の鞍上という点は割り引きが必要か。

☆にニホンピロヘイソン

ややスピードよりのルーラーシップ産駒という点がリリーノーブルと重なるが、1400m戦を2連勝した内容をみるとあちらよりもこちらの方が完成度は高い。本命馬同様に1400mよりの馬を狙うなら当然こちらもそれなりに評価しておきたい。おそらく今回のコース替わりも向く。

◎アスターペガサス
〇グランアレグリア
穴ブログランキングへ
☆ニホンピロヘイソン
△マイネルサーパス

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第70回 朝日杯FS(GI)

好配当を狙う!
【3連単馬券】を特別無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年から12月28日にホープフルSが2歳GIとして行われるようになったことで、クラシックを意識する陣営はそちらを選択するか、あるいは休養に入って春に備えることが多くなった。牡馬にとっては阪神芝1600mという条件もクラシックに繋がりづらく、このレースは以前よりもNHKマイルCを筆頭とした短距離路線を意識するメンバーが集まるようになっている。

そのため前週に同条件の牝馬限定GI・阪神JFがあるにも関わらず、牝馬の参戦も見られるようになってきた。今年は『大物牝馬』と呼声も高いグランアレグリアが参戦を予定しているが、サウジアラビアRCでは既に牡馬を蹴散らした実績を持ち、ルメールが鞍上となれば、当然ながら最有力候補として目される存在となるだろう。

しかし、牡馬勢も決して軽いメンバーではない。3戦3勝でデイリー杯2歳Sを制したアドマイヤマーズに、京王杯2歳Sの勝ち馬ファンタジストなど、能力の底を見せていない馬達がエントリー。16年朝日杯FSでは牝馬のミスエルテが1番人気の支持を集めていたが4着に敗れており、そう簡単に勝利を挙げられる舞台でもないのだ。

キャリアが浅くデータが少ない2歳戦は、一般ファンにとっては馬券を買うにしても新聞やネットに出てくる僅かな情報や、建前しか語られていない陣営のコメントを参考にするしかなくなる。しかし、関係者の間では『2歳戦は情報が命』と言われており、関係者から入手した”真の情報”さえあれば、的中はそう難しくないレースなのだ。真の情報とは、競馬界の大物OBや現役関係者などが情報ルートとして名を連ね、あらゆる関係者と密なパイプを持つ我々シンクタンクだから入手できる関係者の本音、裏ネタと言ったものを指す。これは、一般ファンや一介の記者レベルの力だけで入手するのはまず不可能。

そこで、我々シンクタンクは多くの競馬ファンの方々に”真の情報”を体感して頂くために、今週は特別に【朝日杯FS・3連単馬券】を特別無料公開させて頂く。馬券的中に繋がる本物の情報を入手して、馬券ライフを一層楽しんで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第70回 朝日杯FS(GI)

好配当を狙う!
【3連単馬券】を特別無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク