【マイルチャンピオンシップ2018予想オッズ】穴馬一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、マイルチャンピオンシップに出走を予定しているウインブライト、カツジ、ケイアイノーテック、ジャンダルム、ジュールポレール、ステルヴィオ、ブラックムーン、ベステンダンク、ミッキーグローリー、レッドアヴァンセの一週前追い切りの記事を。

今週末は重賞の数が少ない事もありますのでいつも以上に頭数は多めでいきます。

早いもので気が付けばもう11月も半ば。来週で京都、東京開催も今年最後となると考えると時間が経つのが早すぎて怖くなりますね…。

まずは本題の前にマイルチャンピオンシップの予想オッズからみていきましょう。

予想オッズ

1 モズアスコット 3.1 →ルメール
2 アエロリット 3.7 →ムーア
3 ペルシアンナイト 5.0 →デムーロ
4 ステルヴィオ 7.7 →ビュイック
5 アルアイン 7.8 

上位人気が予想される5頭中、4頭が外国人ジョッキー。後はロジクライがCデムーロ騎乗という事なので、もう外国人ジョッキーのBOXで当たりそうなレースでもありますね。

実際に自分の知り合いがエリザベス女王杯の馬券をムーア、デムーロの2頭軸マルチで取ったという人がいるぐらいですし、馬券は結局当ててプラスを出してナンボなので、このレースを外した自分としては何も言葉を返す事が出来ませんでした。

更にもう話題になっていますが、この日の京都は12レース中、11レースで外国人ジョッキーが勝利。全てが1,2人気という訳でもなかったですし、日本人ジョッキーから外国人ジョッキーへの乗り替わりが多くなるのも納得せざるを得ない状況となっています。

今週もまたまた外国人ジョッキーが勝つのか、それとも日本人ジョッキーが意地を見せるのか…。個人的にここで注目している馬は外国人ジョッキー乗る予定なので、気持ちとしては何とも言えませんが(^^;

余談が長くなりましたが、そろそろ本題の追い切りを。

マイルチャンピオンシップの有力馬の追い切り記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

マイルチャンピオンシップ一週前追い切り

ウインブライト

安定した走りで頸や身体の使い方も上手い。調教パートナーとの手応えの差も歴然で、ある程度強く追われた相手に対してこちらは終始馬なり。脚もよく上がっているので調子は非常に良さそうではあるが、馬体がいくらか硬く、トモの張りもそこそこレベルではあるので、最終追い切りでビシッと追われる必要はある。それでもこの馬場でこの動きなので怖さはある1頭。

カツジ

脚があまり上がっていない点、頸とのリズムが合わない点は割り引くが、追われた時の反応は良く、スピードに乗ると最後までしっかり脚を使い切る。少し力強さには欠けてしまう走りではあるが、脚の回転の速さをみても仕上がりは悪くない。

ケイアイノーテック

坂路で強めと一週前からかなり意欲的な追い切り。軸もブレず安定しており、頸と脚を出すリズムも良かった。負荷がかかっている割には伸びがイマイチで馬体をみても少し線の細さが目につくが、それ以外はほぼパーフェクトな動きといえる。適度に活気もあるので悪くない印象。

ジャンダルム

少し軽い追い切りとなったが、手応え以上に馬は動いており、走るリズムもよく見えた。派手さはないが、大きな減点材料も見当たらず、トモの張りをみても仕上がりは良さげ。ただ、前走時も同じような出来で凡走しているだけに過信は禁物か。後は最終追い切りで強めに追われれば。

ジュールポレール

重心が大きくブレる事はないが、身体は使えておらず、追われてからの反応も良いとは言えず。脚も全く上がっておらず、可動域も狭い。最後もヨレるような場面がみられ、脚もバラバラになる始末。前走からの大きな変わり身には期待が持てないかもしれない。

ステルヴィオ

馬場は重いが動きが大きく豪快。追われた時の反応も良く、最後は余裕で調教パートナーを突き放す。頸の使い方は相変わらず下手ではあるが、負荷も十分かかっており、脚捌きも非常に力強かった。トモは緩いが、これだけ負荷をかけられれば仕上がるだろう。まず好調とみる。

ブラックムーン

追われた割には馬の反応が悪く、ラストもイマイチ伸びきらず。少し線の細さも目につく。それでもリズム、フォームの乱れとある程度安定した動きをみせており、能力は度外視して考えると調子は良さそう。

ベステンダンク

軽い追い切りではあるが、動きが軽くリズムが非常に良い。可動域も広く身体の使い方も上手いので、出来に関してはまず不安はない。後はある程度負荷をかけられれば。

ミッキーグローリー

一週前からそこそこ負荷をかけてきた。フォームは美しく、強く追われて前へ出ようとする姿勢は素晴らしい。追われている割には脚捌きが少し鈍いが、力強さは感じられる走りではあるので、ここは少しの割り引きとしておきたい。馬場が重かった事も動きに多少は影響しているだろう。とにかく馬が充実している印象を受けるので、今であれば勢いでそれなりの着順を拾ってきそうな雰囲気も。

レッドアヴァンセ

舌を出しながら走っており、ラスト伸び切れない点をみても全く集中して走れていない。リズムをみると決して悪い印象は受けないが、これだけ真面目に走っていない馬を評価する訳にはいかず、いつもなら相手に遅れを取るような事もなかっただけにここはかなりの物足りなさを感じた。最終でどこまで変わるか。

最後にマイルCSの注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

大穴ならこれ。かなり相手は強くなるが、一週前追い切りの動きも非常に良いいので、今回の出来であればもしかしたらもしかするかも。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第35回 マイルCS>

不動のマイル王不在で大混戦!
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のマイル王決定戦・安田記念では異例のローテーション、連闘で挑んだモズアスコットが優勝、2着アエロリット、3着スワーヴリチャードで決着。秋のマイル王決定戦となるマイルCSには秋春マイル王の座を狙うモズアスコット、毎日王冠で牡馬勢を倒したアエロリット、昨年の覇者ペルシアンナイトやエアスピネル、アルアイン、ケイアイノーティック、ステルヴィオなどが参戦。近年でも絶対的王者不在のマイルGIとあって、今年も好メンバーが揃い大激戦模様。

過去10年、関東馬で勝利したのは15年モーリスのみ。東西別の成績では関東馬【1・3・2・50】関西馬【9・7・6・95】と圧倒的に関西馬の活躍が目立つ。平均配当では、馬連4890円、3連複1万8200円、3連単12万8600円。伏兵馬では11年フィフスペトル(11人気2着)、10年エイシンフォワード(13人気1着)、09年マイネルファルケ(14人気2着)、08年ファイングレイン(10人気3着と4頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

ステップレース別の成績では富士S組が3勝、天皇賞秋組が2勝。その他ではスワンS、スプリンターズS、府中牝馬S、安田記念、京都大賞典組がそれぞれ1勝を挙げている。勝利馬3頭を含む7連対の富士S組の好走が目立つ。

GI馬7頭が参戦する今年のマイルCS。競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!騎手・調教師・厩務員が揃って「勝てる!」と豪語するとある陣営の勝負馬とは!?公にはならない関係者した知りえない裏情報!絶対にお見逃しの無いようご注意下さい!

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『マイルCS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク