【大阪杯2019予想】本命ペルシアンナイト

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜の競馬は大爆発まで後ハナ差というところまで来ましたが、コーラルステークスは〇スマートダンディー△イシュトバーン◎キングズガード、ダービー卿チャレンジトロフィーは◎フィアーノロマーノ△プリモシーン☆マイスタイルでどちらもしっかりと的中。ドバイの結果はまだわからないので、こちらは明日の記事で触れる事にします。

では本日は日曜の阪神メイン、大阪杯の予想を。ブラストワンピース、アルアイン、エアウィンザー、エポカドーロ、ステルヴィオなどが出走する芝2000mのG1レース。

今週は土曜とドバイで全てやり切ったので、こちらのレースはG1ですが軽く購入する事にします(当初は勝負する予定でしたが正直予習不足です)

まずは中山メインの船橋ステークスの本命馬をあげておきます。

船橋ステークス

人気ブログランキングへ

ここ2走は展開に泣いたこの馬の巻き返しに期待したい。単勝が案外つきそうなので頭の馬券を買う。

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【大阪杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【大阪杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

大阪杯2019予想考察】穴馬 一週前追い切り・調教評価

大阪杯2019予想考察】一週前追い切り・調教評価その3

3点勝負買い目を無料公開

大阪杯

本命はペルシアンナイト

前走の金鯱賞は最後は脚は使っているものの、いつものような豪快な伸びがみられずエアウィンザーから離された4着がやっと。ただ、渋った馬場と休み明けが響いての結果なので見直し可能な敗戦。

前哨戦で敗れ、本番で巻き返すというのがこの馬の好走パターンで、使われて硬さが改善される事で本来の力が発揮出来るタイプなので、叩き2走目となる今回は当然巻き返しに期待が持てるだろう。距離はもう少し短い方が合っていると思うが、去年2着に好走したレースであれば大きく割り引く必要はないとみる。

対抗はキセキ

秋4戦目と普通に考えれば余力がほぼなかったであろう前走の有馬記念は5着に敗れてしまったが、直線では最後の最後まで粘る強い競馬をしており、ラップを考えれば十分評価出来る内容と言える。

ジャパンカップでもアーモンドアイを相手にして堂々の2着、天皇賞秋も2着馬とはタイム差なしの競馬なら現役馬の中でも能力は間違いなくトップクラスで、今年は順調であれば2つ目のG1のタイトルに手が届くだけの存在では。鞍上の川田とも非常に手が合っており、前走からしっかりと間隔をあけて使ってきた今回は再び勝ち負け争いに加わってくるとみる。

▲にエアウィンザー

実績のない左回りから得意の右回り、阪神に替わる今回は前走から大きくパフォーマンスを上げてくる可能性が高いこの馬を3番手に。2走前のチャレンジカップの内容がとにかく圧巻だったので、あの時と同じコースでの競馬となればそれ相応の印は必要だろう。今回不安があるとすればやはり武豊からの乗り替わりか。

☆に人気ブログランキングへ

久々にベスト距離での競馬となる今回はこの馬も前走からの大きな変わり身に期待が持てる1頭。2.3走前の敗因もはっきりとしており、その頃からここを使ってくるなら厚い印を打ちたいと思っていたので、相手関係から予定よりも印を落としてしまったが、ある程度色を持って購入したい。

◎ペルシアンナイト
〇キセキ
▲エアウィンザー
人気ブログランキングへ
△ステルヴィオ
△ステイフーリッシュ
△アルアイン
△スティッフェリオ
△ワグネリアン
△サングレーザー
△ブラストワンピース

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は同週にドバイミーティングが行われ、4月末には天皇賞(春)、5月には香港のクイーンエリザベス2世Cと、春の古馬王道路線には国内外で選択肢が多岐に渡り、トップホースが一堂に会するとまでは行かないものの、昨年の有馬記念を制したブラストワンピース、ダービー馬・ワグネリアン、皐月賞馬・エポカドーロ、マイルCSを制したステルヴィオなど、いわゆる“強い4歳世代”の牡馬たちが揃って参戦。また、アルアイン、キセキ、ペルシアンナイトといった5歳勢も健在で、GI馬9頭が出走予定と、今年も頂上決戦にふさわしいメンバーが揃うことになった。

豪華メンバーが揃う1戦とあれば、当然、競馬新聞やスポーツ紙を始めとしたマスコミの取材も加熱していく。ただ、ある事情によって、GI競走では陣営が一般マスコミに提供するコメントは“建前”ばかりになり“本音”の部分はまず聞けない。

なぜ、陣営が“建前”ばかりのコメントを出すかと言えば、大衆の目に触れる新聞やネット上で真実を語ったところで何のメリットも無いから。強気のコメントを出してわざわざ他からのマークをキツくする必要も無ければ「全然仕上がってない」なんて実情を正直に話して、新聞を通じてオーナーサイドに見られたら「アイツは無能だ」とのレッテルを貼られかねない。マスコミに本音を語ったところで、陣営にとっては1円の得にもならないわけだ。

また、近年はノーザンファーム天栄やしがらきなど、社台グループを中心に『外厩仕上げ』が主流となってきている。帰厩して日が浅い馬の本当の状態や勝負度合いを把握しているのは、厩舎ではなく、外厩先ということも少なくない。しかし、一般マスコミの情報源はトレセン内のみ。これでは確かな情報を手にすることはできない。

だが、弊社シンクタンクはそうした時流の変化を敏感に察知し、外厩先や馬主関係者といった情報源にも太いパイプを有している。名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役関係者の大先輩にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍。騎手、厩舎、エージェント、馬主、生産者、外厩などの牧場関係者まで、あらゆる競馬関係者から情報を入手できるような情報収集態勢を構築し、マスコミからは入手できない関係者の『本音』を知ることが出来るのだ。

今週の大阪杯についても、全国各地の情報ルートから様々な情報が入ってきており「◎○スバリ1点目で2万5340円的中の有馬記念と同等、それ以上かも」との声も。そこで、今週は大阪杯の【激走穴馬情報】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、特別無料公開することが決定。この【激走穴馬情報】は、高確率で馬券になるだけではなく「馬券になれば好配当間違いなし」と現役関係者もお墨付き。大阪杯の馬券を購入する方は、絶対に見逃さないようにご注目頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 大阪杯(G1)

ブラストワンピースの首を狙う!
重賞特捜部とっておきの
【激走穴馬情報】を無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク