【皐月賞2020予想考察】枠順確定前・穴馬追い切り評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、皐月賞に出走を予定しているガロアクリーク、キメラヴェリテ、クリスタルブラック、コルテジア、サトノフラッグ、ダーリントンホールの一週前追い切りに関する記事を。

その他のコントレイル、サリオスなどの有力馬追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【皐月賞有力馬追い切り、週末の競馬予想】

なお、本日川崎で行われるクラウンカップの予想は既に更新済みです。

【クラウンカップ2020予想】

皐月賞穴馬一週前追い切り

ガロアクリーク

手前を替えるタイミングが早すぎた事もあって少しちぐはぐな動きになってしまったが、馬なりで軽く飛んだ点は普通に評価出来るポイントなので、この動きなら極端に割り引く必要はないと判断。

ただ、可動域の狭さや脚もとの硬さは気になってしまうので、今週この辺りがどこまで改善されるかに注目したい。

キメラヴェリテ

追って大きくフラつく点や重心と頭の高さが全く安定しない点は大きなマイナス。当然頸と脚を出すタイミングも合わず、走りとしてのリズムは非常に悪くみえた。

これだけちぐはぐな動きになりながらも走り切った点だけは評価するが、それでもやはりこの動き。当然今回の追い切りを評価する訳にはいかないだろう。

クリスタルブラック

発汗が目立つ点はマイナスで、頸や身体の使い方も上手いとはいえない。全体的に太さが残っており、トモがゆるゆるな点からするとまだ完全に仕上がり途上と言えるのでは。

ただ、今回は最後まで緩める事なくしっかりと負荷をかけられていたので、このひと追いである程度引き締まればまた動きも変わってくるだろう。

コルテジア

身体の使い方が小さく、ただ脚だけで走っているような動き。迫力に大きく欠けている点は勿論だが、可動域が狭い事もあって脚の回転の速さとスピードが比例していないので、この馬に関してはまずは走り方を覚えるところからがスタートラインと言えるのでは。今回のメンバーの中に入ればかなり地味な動き。

サトノフラッグ

調教パートナーを並ぶ間もなく交わして突き放した点は当然高く評価するが、長く脚を使えている点や手応え以上に弾けた点は素晴らしいの一言で、最後は緩めながらも大きく先着出来たのはこの馬の能力の高さあってのものだろう。

牝馬のように柔軟性のある馬体からすると距離の融通は利くタイプなので、今回だけではなく先々まで楽しめそうな一頭と言えるのでは。

ダーリントンホール

頭が高く発汗も目立つが、動きは大きく力強い。途中相手の追い出しを待った事もあってリズムが大きく崩れてしまったが、馬体を併せて負荷をかけられた点や最後まで緩める事なくビシッと追ってきた点は素直に評価しておきたい。

最後に皐月賞の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回のローテを考えると穴をあける資格は十分と言えるので、後は当日の馬場次第でしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第80回 皐月賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホープフルSを制して最優秀2歳牡馬に輝いたコントレイルと、朝日杯FSを制したサリオスの無敗の王者が激突と、非常に見どころ十分となった今年の皐月賞。

ともに3戦3勝、昨年12月以来の実戦となるが、昨年、ホープフルSからブッツケ本番だったサートゥルナーリアが勝利し、今や“ひと叩き”が常識とならない時代になってきた。それもこれも、“外厩”の充実に他ならない。

だからと言って、全ての馬にとってブッツケが最適解ではない。ひと括りに外厩と言っても千差万別、その点のジャッジをするのにも、確かな情報力が問われることになる。

また、2歳重賞の充実により、近年はGIで初対戦というケースが大いに増えてきた。今年も未対戦馬が多数、「無敗の2歳王者2頭で決まり」と、そう簡単に結論を出せるレースではない。

加えて少頭数しか経験していない馬もおり、実は、競馬ファンがジャッジするためのデータ、材料が少なくなっているのだ。

ますます関係者情報の重要性が問われることになるが、今はコロナウイルスの影響でトレセン、競馬場内でもマスコミに対して取材規制がかけられている。厩舎から出される新聞用のコメントが、各社一斉配信、使い回しというケースも。“本音”を聞き出そうとすることすら不可能な状況だ。

しかし、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師の大物関係者が在籍する弊社シンクタンクの情報ルートたちは、関係者たちとホットラインを築き上げているから、こんな状況でも“本音”を聞き出すことができる。

世間一般とは圧倒的に情報力が違う。

こんな状況だからこそ、弊社シンクタンクは、確かな情報を入手することができない一般ファンの方々に競馬、馬券を楽しんでもらうために、皐月賞の関係者情報、馬券候補が一気に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開。ぜひとも活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第80回 皐月賞(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク