【チューリップ賞2019予想】+オーシャンステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、チューリップ賞の予想を。アフランシール、ココフィーユ、シェーングランツ、ダノンファンタジー、ノーブルスコア、ブランノワールなどが出走する芝1600mのG2レース。

まずはチューリップ賞の予想の前に中山メイン、オーシャンステークスの本命馬をあげておきます。

オーシャンステークス

ナックビーナス

前走は着順以上に強さを感じさせられたレースで今回の条件、舞台であればまず勝ち負け争いに加わってくるだろう。時期を考えるとここはどんな事があっても結果が欲しい。

その他週末の中央の重賞に関する記事はこちらから。

【オーシャンステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

【弥生賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

【チューリップ賞2019予想考察】最終追い切り・調教評

3点勝負買い目を無料公開

チューリップ賞

本命はダノンファンタジー

いつものように穴っぽいところを狙う事も考えはしたが、ここは自分の中の教科書通りに印をつけるのが正解と思うので、捻くれる事なく教科書に従って印をつける事に。

初戦はサウジアラビアロイヤルカップを勝ち、朝日杯フューチュリティステークスで3着に入線したグランアレグリア相手に敗れはしたが、その後は未勝利、ファンタジーステークス、そして前走の阪神ジュベナイルフィリーズと3連勝。

その前走の阪神ジュベナイルフィリーズで下したクロノジェネシス、ビーチサンバ、ジョディーがクイーンカップで1.2.3着と上位を独占し、プールヴィル、メイショウケイメイが紅梅ステークスで1.2着決着とレースレベルが高かった一戦という事もあり、かなり中身の濃い勝利だと言えるだろう。

追い切りでも一週前からかなり動いており、ここは前哨戦とはいえ仕上がりはほぼ万全。これまでのレース内容は勿論だが、中間の気配を見ても隙らしい隙は見当たらない今回は文字通りの相手探しのレースとなりそう。

対抗はメイショウショウブ

今回の展開を考えると地味ではあるが初戦から骨っぽい馬を相手にして差のない競馬を繰り返してきた本馬が絶好の狙い目とみる。前走はかなり厳しい展開の中でもそれなりに格好はつけており、強力な馬が1.2頭しかいないここなら当然巻き返しに期待出来るだろう。これまで相手にした馬のレベルからしてもお釣りが来る計算になる馬がこのオッズで買えるなら当たり前のように買う。

▲にシェーングランツ

アルテミスステークスの勝ち方がなかなか派手だったので前走は想像していた以上に走らなかった印象も、直線でロスがあった事は事実なので、スムーズな競馬が出来ればさすがに今回は巻き返してくるのでは。一昨年の勝ち馬ソウルスターリングの妹という事もあるので、血統面で考えてもこれ以上印を落とす事は出来ない。

☆にノーブルスコア

初戦はアマーティから0.2秒差の競馬、2戦目ではメイショウショウブを相手にして勝利しており、阪神ジュベナイルフィリーズ組が上位を占めた3戦目の紅梅ステークスの結果を見ても能力はオープン級なのは間違いない。なかなか勝ち切る事は出来ないが、厩舎的にも無難に権利は取ってきそうなので、この馬も下手に評価を下げる事はしなかった。

◎ダノンファンタジー
〇メイショウショウブ
▲シェーングランツ
☆ノーブルスコア
△ドナウデルタ
△ブランノワール
△アフランシール

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第56回 弥生賞>

↓クラシック登竜門↓
皐月賞の前哨戦を勝つのは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

90年以降、無敗で弥生賞を制したのはフジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、ロジユニヴァース、サトノクラウン、マカヒキ、ダノンプレミアムの7頭。今年は京成杯を制したラストドラフト(2戦2勝)が参戦。昨年のダノンプレミアムに続き無敗で弥生賞を勝てるのか!?前哨戦を制するのは果たして!?

競馬セブンでは厩舎・騎手・馬主・生産各方面から各陣営の本音話を独占入手済ですので週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『弥生賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク